【ネタバレなし】TRUMPシリーズどこから見る?【作品紹介】

TRUMPシリーズに興味はあるけどまだ見たことはない方へ向けて”どこから見ればいいか”という視点で作品紹介をしていこうと思います。

もちろんネタバレなしです。ご安心ください。

 

そして用語の説明をいちいち挟むのが面倒なので先にこちらを見ていただけるとありがたいです。私が作ったシリーズのまとめです。↓

matome.naver.jp

ついでに過去記事も置いておきます。

二次元オタクにこそ薦めたい「TRUMP」という演劇作品の話 - ゴミ箱ぐらし!

我らが田村芽実が「グランギニョル」に出演する話 - ゴミ箱ぐらし!

以上です。

※ グランギニョルのネタバレ記事すべて見終わった後に是非読んでみてください。

※ マリーゴールドのネタバレ記事すべて見終わった後に是非どうぞ。

まずはじめに

作品紹介の前に、私のおすすめルートを書いておきます。

ルート①「王道!公演順に見よう」

TRUMP→LILIUM→(二輪咲き)→SPECTER→グランギニョルマリーゴールド

ルート②「みんな大好きダリちゃん」

グランギニョル→SPECTER→TRUMP→マリーゴールド→(二輪咲き)→LILIUM

ルート③「ミュージカルに始まりTRUMPに終わる」

マリーゴールド→LILIUM→(二輪咲き)→SPECTER→グランギニョル→TRUMP

 

最初に見た作品によって見方が変わるのがTRUMPシリーズですので、一番最初にどの作品を見るかというのが重要になります。

これはただのおすすめルートですので、自分が最も気になった作品から見始めるのが一番いいのかもしれませんね。

ちなみに公演順に追っている繭期たちは、各公演が終わるごとにTRUMPを見直しているはず。笑

作品紹介

TRUMP

f:id:hatimitu0126:20180425040123j:plain

シリーズ第1作目。

吸血種と人間種の混血として生まれた少年・ソフィと、名家デリコの家庭に生まれたエリートの少年・ウルを軸に、永遠の命を持つとされるTRUMPを巡るお話。

 

何度も再演が繰り返されていて、現在入手出来るDVDはD2版(TRUTH/REVERSE)と2015年版(TRUTH/REVERSE)です。

どちらもストーリー展開は一緒ですので、見たいキャストやブルーレイ版の有無などでどれを買うか決めるのが良いと思います。

(過去記事読み返してチャンネルD-BOYSの存在を思い出しました。こちらが一番お安く見られます)

個人的には両公演とも同じ役で出演している陳内さんのお芝居の振り幅を見てほしいので、トゥルリバ合わせて4つ全部見てほしい心持ちですが・・・。笑

 

TRUMPを最初に見ると繭期の重症患者たちと同じルートでシリーズを楽しめるという点でおすすめ。

また、すべての作品の中心になる作品となるため、他作品を1作見るごとにTRUMPの見方が変わるというスペシャルマジックを体験できます。

そのマジックのおかげでいちいちTRUMPを見直したくなるという時間泥棒なデメリット?もありますが。笑

 

Dステ 12th「TRUMP」 TRUTH [DVD]

Dステ 12th「TRUMP」 REVERSE [DVD]

Dステ12th『TRUMP』Blu-ray

繭期音源蒐集 TRUMP series ORIGINAL SOUNDTRACK-I/a>

【Amazon.co.jp限定】繭期音源蒐集 TRUMP series ORIGINAL SOUNDTRACK-I(デカジャケット付き)

『TRUMP』DVD〜TRUTHバージョン〜 - NAPPOS SHOP

『TRUMP』DVD〜REVERSEバージョン〜 - NAPPOS SHOP

LILIUM 少女純潔歌劇(二輪咲きも同時解説)

f:id:hatimitu0126:20180425044826j:plain

シリーズ第2作目。

吸血種の少女たちが療養するサナトリウムで、シルベチカという少女が失踪するもリリー以外は覚えていなかった。その真相が明らかになる時、少女達が目の当たりにする現実とは・・・。

 

モーニング娘。('14)とスマイレージ(現・アンジュルム)のメンバーが出演したミュージカル作品です。

当時はまさかTRUMPと関連性があるとは誰も思っておらず、開演後にその事実がわかった途端に残席がTRUMPファンで埋まるという快挙を成し遂げました。

アイドル舞台の2階席に女性がいっぱいいる!と当時のハロオタたちは困惑したそうです。笑

かくいう私もTRUMPからのLILIUMでハロプロを知り、今では立派なハロオタに♡

 

シリーズの中で女の子のみが出ている作品はLILIUMだけ(トリニティはDVDなし)なので、男の子より女の子が見たいなぁという人にはLILIUMからの視聴がおすすめです。

アイドルのミュージカル作品ということもあり、かわいい曲も多くストーリーもそこまで複雑ではなく、シリーズの中では一番見やすい作品だと思いました。

シルベチカなんて知らないわ~あっ♪

 

二輪咲き

LILIUM感謝祭というハロプロのイベント公演にて上演された短編です。

LILIUMの前日譚という位置づけになり、シルベチカ失踪前のお話。

シリーズ全体には今のところ深い関わりはないものの、LILIUMを掘り下げる作品としては見る価値ありですし、今後二輪咲きでのフラグを回収するお話が出ると思われます。

短編以外にも公演内で行われた座談会パートやライブパートも見ごたえがありました。

ただしDVDは受注限定販売で、現在は中古でしか入手できません。

 

演劇女子部 ミュージカル「LILIUM-リリウム 少女純潔歌劇-」 [DVD]

SPECTER

f:id:hatimitu0126:20180426155424j:plain

シリーズ第3作目。

森奥深くにあるネブラ村で、連続殺人事件が起こる。一人の村人が外との関わりを断絶するという掟を破り、事件解決のためヴァンパイアハンターを村に招き入れた。そして事件解決と共にネブラ村に隠された秘密も明らかとなっていく。

 

以前末満さんが総合演出を務めていた劇団Patchの公演として上演されました。

劇団Patchは関西で活動しているため、公演も関西でのみ行われています。

この頃はまだ今ほどTRUMPシリーズのファンの数が多くなく(とはいえ東京公演を望む声も多数あり、確実にファンの数は増えていました)、公演数も会場も小さな規模での興行でした。

私はもちろん大阪まで飛んで見に行きました♡

 

正直言いますと、SPECTERから見始めるメリットはあまり感じられません。

この作品はどちらかというとシリーズの補完的なエピソードが多く、各作品を見てから見る方が驚きや発見があって面白いと思うからです。

ただしそれは逆にも言えることで、SPECTERで見たものの答え合わせをしていくのも面白いかもしれませんね。

 

※12/12 追記

2019年春に劇団Patchによる再演が決定しています。

キャスティングは既に決定しているようで、12月15日よりチケットの最速先行がありますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

チケット販売はニコニコチャンネル「末満健一の幽機交流領域」にて。

 

Patch stage vol.6 「SPECTER」 [DVD]

グランギニョル

f:id:hatimitu0126:20180426233025j:plain

シリーズ第4作目。

血盟議会の若手議員であるダリ・デリコは、人間の女性・スーとの不貞をリークされ、停職処分となる。しかし、繭期の少年少女失踪事件の捜査を秘密裏に行うことになる。事件を追っていく中でダリがたどり着く真相とは・・・。

 

15年版TRUMPを経て、ついに「TRUMPシリーズは金になる」と偉い人たちにばれましたね。

連日大盛況、もとい大絶叫で、静まり返る観客席から聞こえるはずのない阿鼻叫喚が全身に伝わってくるような公演でした。

私の後ろに座っていたお姉さんたちが「めいめい以外のキャスト、わからないんだよね・・・」と言ってたのですが、LILIUMから知ってグランギニョルにも足を運んでくれていることが嬉しかったです。

とにもかくにも、ダリとゲルハルトの2人は演技力もさることながら圧巻の美貌でした。

 

ミステリーや事件の犯人、手口を考察しながら見ていくのが好きな方はグランギニョルがおすすめです。

TRUMPではウル・ラファエロの父として登場するダリちゃんの若かりし頃ということで、過去のお話になります。

ですので時間軸的にもグランギニョルから見ていくのは妥当な判断であると言えます。

 

ピースピット2017年本公演 『グランギニョル』 [DVD]

マリーゴールド

f:id:hatimitu0126:20180913004344j:plain

シリーズ第5作目。

ダンピールという理由で街の人々から忌み嫌われているガーベラは、母であるアナベルによってマリーゴールドの花に囲まれた屋敷に幽閉されていた。アナベルもまた街の人々から迫害されている存在だ。そんな母と娘が紡ぐ愛の物語。

 

これだけは言わせてください、もう何を言ってもネタバレになりそうで、迂闊にストーリーも語れません・・・笑

この作品も1公演を除くすべての公演でスタオベだったようで、大盛況に終わりました。

LILIUMのかわいらしいイメージとはまた違う本格ミュージカル作品という印象で、特にアナベル・エリカ姉妹のパワフルな歌声と圧倒的美しさには開いた口が塞がりません。

レディ・ベスもエリザベートも生で見ながら途中睡眠を挟んだ私ですが、マリーゴールドは睡魔と闘うことなく完走できました。笑

 

ということでミュージカル好きの方にはもちろん、ストーリーもLILIUM同様わかりやすくなっているので、複雑なストーリーを追いたくないという方にも見やすい作品だと思いました。

LILIUMしか見たことがないハロヲタも、この作品を見ることで更にLILIUMの世界が深まること間違いなしです。

またTRUMPシリーズでは初の人間世界がメインのお話で、ここから見始める人は既存ファンとは全く違う視点での楽しみ方が出来るかもしれませんね。(正直羨ましい)

 

ミュージカル『マリーゴールド』 [DVD]

【Amazon.co.jp限定】ミュージカル『マリーゴールド』(2L判ビジュアルシート付き) [DVD]

COCOON

f:id:hatimitu0126:20191010214021j:plain

シリーズ第6作目。

月の翳り編

ラファエロ・デリコとアンジェリコ・フラの決裂を描く。

星ひとつ編

ウル・デリコの結末を描く。

 

ストーリー、それだけ・・・?ちゃんと説明してよ、とお思いかもしれません。

こちらは舞台作品としては異例な、開演までキャスト配役・あらすじを非公開にするという措置がなされていたため、ネタバレを避けるとなるとこうするしか方法がありませんでした。

それでもチケットの入手にはかなり苦労し、このシリーズがますます人気になっている証拠だなぁと嬉しくなると共にちょっと困ってしまいますね。笑

 

この2作品は従来のTRUMPシリーズ同様ストレートプレイで、キャストも男性俳優のみで構成されていますので、舞台好きの女性にはたまらない作品になっていると思います。

ですが、ストーリーも配役も秘密となると、正直ここから見るメリットは特に思いつきません。

シリーズ作品を今まで履修してきたからこその発見や知りたかった事実が詰まっており、シリーズを知らずに見た人がどういう感想を持つのか、想像がつきませんでした。

TRUMPやグランギニョルを見てからCOCOONに手を出すことを強くおすすめします。

 

【メーカー特典あり】『COCOON』 2枚セット[月の翳り+星ひとつ](「COCOON 月の翳り星ひとつ」スペシャルメイキングDVD付き)

『COCOON』月の翳り(特典なし) [DVD]

『COCOON』星ひとつ(特典なし) [DVD]

 

さいごに

私はD2版TRUMPでこの世界にはまった人間ですので、他の作品を見てからTRUMPを見るという視点を経験できません。

このタイミングで見るからこそ味わえる感情もたくさんあるのです。

もちろん主軸のTRUMPから見るのもかなり面白いのですが、たった一度の絶望をどこから始めるか、今一度この記事を読んで考えていただけていたら幸いです。

 

まぁ、私としてはとにかく面白いから見てほしいという気持ちと、これ以上ファンが増えたらチケットが本当に取れなくなってしまうという気持ちで揺れますね。笑

それぐらい一度はまるともう抜け出せない、永遠の繭期の力はすごいということです。

ただの演劇という器に収まるにはもったいないくらいの可能性を秘めているTRUMPシリーズ、もっと他の媒体にも発展していってくれたら嬉しいなぁと思いました。

 

これはどのタイミングでも毎回言っているのですが、はまるなら今しかないです。

SPECTERの再演・COCOONの上演も決まりましたので、永遠の繭期の世界へ旅立ちましょう♡

 

SBFIVE 1st EXCLUSIVE 1Day Trip in Tokyo ③

2018年3月11日、1DayTrip編③です。

ほぼCopter固定カメラと化していたので、他の4人は少なめかもしれないです、申し訳ない。

けど映像たっぷりでお届けします♡

 

今回は「寿和苑」にて書道・茶道体験をした時のレポです。

お昼ご飯のあとは浅草を散策する予定だったみたいなのですが、時間が押していたためバスの中から見学することになりました。

が、SB5メンバーも私も爆睡。笑

ご飯食べたら眠くなるよね。

 

そして「寿和苑」へ到着。

SB5が別室にてお着替えしている間、お習字の先生も準備してくれている所を見守りつつ、少しお話してました。

「失礼ながら、今回お話をいただいて初めて彼らのことを知ったんです」と、お習字の先生。

むしろ知ってたら色んな意味でびっくりですよね。笑

そして着物へお着替えして現れた5人、皆よく似合ってます!

着なれないせいか、ちょっと緊張した表情もまた可愛いですね。

正座難しいよね。

先生から説明を受けてお手本も見せてもらい、まず半紙に練習をしました。

書いている文字は「月」です。

実はこれ、5人が着替えている間に先生が「何を書いてもらえばいいですかね?」とファンに相談してくださったのですが、他の方はあんまり思いつかない様子だったので「月って書いてほしい!」と私がリクエストしました。

多分その場にいたほとんどのファンと5人が出会った原点は「月」だし、中国語も同じ書き方をするので本人たちにも伝わると思ったからです。

先生が「何か彼らに関係する言葉なんですか?」と言ったときには、ファン一同微妙な笑顔で「そうなんです」と答えていました。笑

f:id:hatimitu0126:20180404001810j:plain

f:id:hatimitu0126:20180404001500j:plain

f:id:hatimitu0126:20180404001527j:plain

f:id:hatimitu0126:20180404001556j:plain

練習が終わった後は、色紙にそれぞれ「月」とサインを書いていきます。

みんな真剣な表情ですが、Taeくんの色紙を見てください、めちゃくちゃかわいい♡

それにもともと中国語が少しできるというTaeくん、5人の中で一番綺麗な字を書いていました。

この色紙はもらえるメンバーは選べないものの、手渡しでファンにプレゼント!

(Taeくんに最高の笑顔で手渡ししてもらったけど、巡り巡ってCopちゃんの色紙と交換してもらったとは口が裂けても言えない) 

このおてての落書き、のちにバスの中で皆に見つかり、寝ている間に写真に撮られています。笑

私は席の関係で撮れなかったんですが、書いている最中の映像は残っていました。

実際あの場にいた時は隣のKimBasを見ていたので、あとで手を気にしてるCopちゃんを見て墨ついちゃったのかな?と思ってたのに、まさか自分で書いていたとは・・・笑

 

色紙をすべて書き終わったあと、机を汚さないように一番下に引いていた紙に落書きを始める5人。笑

(映像編集したら載せるかも。編集しすぎて疲れた。笑)

誰が言い始めたのか、その落書きをじゃんけんで勝ち抜いた人にそれぞれプレゼントすることになりました。

確か一番最初にプレゼントしたのがBasくんで、写真撮ろう!と言ってくれて、他のメンバーもプレゼントされたファンの人とツーショット撮ってました(ただしタイのスタッフさんのカメラに収められているのでファンの元には届きません。笑)

・・・なぜこの話を書いているのかというと、ただ自慢したかったからです!!

f:id:hatimitu0126:20180404022109j:plain

f:id:hatimitu0126:20180404022128j:plain

Copちゃんの落書きと初お習字の作品を貰いました♡

他のメンバーは多分お絵かきだけだったのに、Copちゃんは2枚セットで。

じゃんけん勝ち抜いて、しかも推しから貰えるって強運すぎないですか?

クリリンの点が多いことだけが謎ですが、実物が見たい方は我が家に来てください!笑

わたし日本の推しの直筆書き初めも抽選で当たって持ってるんです、お習字運あるみたいです。

こちらは書道体験が終わって、次の茶道の準備をしてもらっている間の映像です。

こうしてファンを楽しませてあげよう、と最初に動くのは大体Kim兄なんですよね。

本人もみんなを笑わせるのが好きと言っていましたが、周りをよく見ているからこそ出来ることです。

そういうみんなそれぞれの振る舞いを間近で見られただけでも参加した甲斐がありました。

でも天井?に頭をぶつけたのは偶然です。その後もぶつけてます。笑

映っちゃったファンの方はすみませんですけど、皆笑顔で楽しそうでしょ?

やっと動画見てても寂しい戻りたい、じゃなくて楽しかったな~って思えるようになりました(重症)

 

茶道の最中は、先生のお手本を見てるだけの映像なので特に載せません。

希望があれば載せるかも。(正直映像チェックすらしてないので載せられる映像なのか不明)

 

茶道体験が終わり、最後に記念撮影をして5人はお着替えタイムに。

そしてバスに戻ります。

Teeくん、ものすごいたらしで(!)スタッフさんにもメンバーにもスキンシップ満載で絡みに行ってるんですが、こういうところで可愛さ出してくるのずるくないですか?

前半の映像は私ともう一人くらいしか撮ってないので貴重映像です♡

なぜかって、みんな先に出てきたBasKimCopについて行ったからですね。笑

ファンがほとんど見てない所でTaeくんが出てくるのを待っててあげるTeeくんの健気さ、そして楽しそうに歩いてくるTaeTee、控えめに言って最高です。

こちらはそのあと歩道で発見したKimCopと、前述通り絡みに来るTeeくん。

自転車乗ってた一般の方、まじで申し訳ない。

普段なら当たり前に思っていることが、集団になると、夢中になると、出来なくなるんですよね、気をつけます。

最後の最後でただの自慢話です!

唯一この旅行の中でBasくんとちゃんと絡んだ瞬間を奇跡的にフォロワーさんが撮影していました♡

本当ならそのままバスに乗ってよかったのに、わざわざ横に立って「どうぞ~」とバスガイドさんになるBasくん。

時間に余裕がないのに遠慮して誰も乗らないので、さっさと乗ったろ!と思って乗ろうとしたら帽子を差し出されました。笑

お金を入れるふりをしてあげると、満足したようで喜んでくれてよかったです。笑

ちなみに私の前にKim兄がバスに乗ったのですが、私の頭上で後ろのスタッフさんと会話してて、何話してるんだろうなぁと思いながら顔面を見つめてたら目が合って微笑まれました。

皆を楽しませようとふざけてる時のKim兄と、静かに微笑むKim兄のギャップがとても良い、自分に向けてやられたら心臓打ち抜かれますよ。

 

ということで長くなりましたが、着物編は終了です。

このレポも次回で完結予定です。予定は予定ですが。

今日から出勤なのでいつになるかは本当に不明、いつも通り気長にお待ちください。

 

※追記 続きです↓

hatimitu0126.hatenablog.com

「Way Back Home the series」放送開始♡

1DayTripのレポの続きも書きますけど「Way Back Home the series」始まったので!

f:id:hatimitu0126:20180403024731j:plain

f:id:hatimitu0126:20180403012436p:plain

いつも追ってるメンバーから、Bas、Kimmon、Copterが出てるドラマです。

2018年3月31日(土) 20時30分~21時30分(タイ時間)に1話が放送されました。

全何話かどこ見ても書いてないんですけど、これ何話まであるんですか?笑

 

BL要素はないです。たぶん。

あらすじ的なの翻訳するの面倒くさくてちゃんと翻訳してないですが、それぞれ色んな”HOME”がある大学生たちが”HOME”というバーに集って関係を深めていったり彼らの”HOME”(家庭や家族、帰る場所)を描いたりするような内容っぽいです。

1話も翻訳しながら見てないので正直まだよくわかりません!

とりあえず大学生の青春ドラマです。

 

以下、恒例の登場人物紹介コーナー!

今回は私の主観ではなくニュースサイトの翻訳になります。

タイ語→日本語の翻訳ですが、合ってる保障は一切ありません。

あまりにも自信がないところはすっとばしてますが、間違ってたら笑ってスルーしてください。

 

※まだ1話しか放送されてなくて素材不足です。そのうち写真差し替えるかも。

☆登場人物

Kaowpod(演:Fern)

f:id:hatimitu0126:20180403040705p:plain

コミュニケーション学部の1年生。

幼い頃から両親がいない為、兄(後述するKen)と共に暮らしている。貧しい生活が彼女を強くした。おしとやかだが意志が強い女の子。芸術が好き。

 

Well(演:Bas)

f:id:hatimitu0126:20180403041359p:plain

コミュニケーション学部の1年生。

野生的、かっこいい、かわいい・・・人気がある男の子。姉と共に暮らしているが、あまり関係は上手くいっていない。姉のせいで両親が死んだと責めている。Kaowpodのことが好きだけど、遊び人?

 

Yuan(演:Copter)

f:id:hatimitu0126:20180403041825p:plain

コミュニケーション学部の1年生。

中国系の大金持ちの子ども。双極性障害を持っているが、両親はそれを知らない。彼女(おそらくKaowpadのこと。付き合ってはいない?)と結婚するつもりでいるも、彼女は興味なし。WellとはKaowpadを口説き、奪い合っているライバル関係。

 

Man(演:Jaguar

f:id:hatimitu0126:20180403042317p:plain

工学部。

女たらしで、前も後ろも女の子たちが囲っている。両親が裕福でお金持ち。Wellと仲が良い。ไปไหนไปกัน(タイのアーティスト)が好き。

 

J(演:Kimmon)

f:id:hatimitu0126:20180403042650p:plain

工学部。

中流家庭の育ちで、父親は酒飲み(いつも酔っ払っているのかな?)である。妹のことはかなり溺愛している。Jは仲間たちの中でも冷酷だが、勇敢で頼りがいがある一面も。Kenと仲が良い。

 

Phol(演:Cooper)

f:id:hatimitu0126:20180403043025p:plain

工学部。

奨学金で大学に通っている。実家は地方にあり、あまり裕福な家庭ではない。カフェによく行くのでその流れで”HOME”を知った。Pholは以前トラブルで住むところを失い、Manの所で暮らしている(たぶん現在進行形?)

 

Ken(演:Tao)

f:id:hatimitu0126:20180403044309p:plain

Kaowpodの兄で、”HOME”の経営者。みんなの代わりに死ねるくらい、正義と仲間を愛しているような勇敢な人。友達は兄弟そのものだと思っており、それぞれを尊敬している。

 

 

以上です。

工学部メンバーはSOTUS指導側だから3年生ですかね?

 

HOMEとタイトルにもある通り、キャラクター個人だけでなく、その人のバックボーンにある家族、家庭にもスポットを当てているのが紹介文や1話を見た感じで伝わってきました。

それぞれが色んな事情を抱えていて、そんな10代の子たちが帰りに寄り道するバー”HOME”も1つの帰る場所になってるんですかね。

 

日本のドラマは全然見ないしアジアもBLドラマしか見ないので、久しぶりにBL関係なくドラマ見てます。

これからどんな展開になっていくのか、かなり楽しみです!♡

特にCopちゃんの役どころが難しそうなのと、P'Kimの冷酷な一面と優しい一面の演じ分け、面白いですね。

当然日本語字幕はないので放送直後の視聴はフィーリング、内容をしっかり知りたい方は、そのあと英語字幕が出てからちまちま翻訳して見ていくという方式で。

LINETV、日本語字幕なんていらないからせめてアプリDLさせてください・・・。

 

私は役者のオタクをやっているので、やっぱりお芝居している彼らを見られるのがとっても嬉しいです。

ってファンミの記事にも書いてたっけ・・・?笑

もちろん歌って踊るアーティストな彼らもかっこいいのだけど、せっかくドラマを通じて人気が出た皆だから、今後もカップル売りとかアイドル売りとか関係なく、役者としても活動していってほしいです。

とはいいつつ、この間収録していた曲はいつお披露目なのかな?って気にしちゃいますよね。

 

何はともあれ「Way Back Home the series」是非見てみてくださいね。

 

SBFIVE 1st EXCLUSIVE 1Day Trip in Tokyo ②

2018年3月11日、1DayTrip編②です。

 

水族館のあとは「國見」という会席料理のお店でお昼ご飯です。

その前に、ちょっと周りを歩いて散策しました。

f:id:hatimitu0126:20180322165847j:plain

動画から抜粋したので画質悪くてすみません、記念撮影中のみなさんです。

ちなみにこの写真を撮っているのもカメラマンTaeくん。笑

そんな撮影を階段で待っているKimBasの2人がこちら。

ただ階段に立っているだけなのに絵になりますよね・・・。

 

そしてお店に向かいます。

ソラマチの31階に入っていて、真横にスカイツリーが見えました。

f:id:hatimitu0126:20180322161119j:plain

こんなに間近でスカイツリー見たの初めてでした!

お食事はこんな感じ。

f:id:hatimitu0126:20180322161946j:plain

美味しそうでしょ!? 実際、美味しかったんです。

美味しかったんですが、ここでも全然ご飯どころではなくてあんまり食べられなくて残念でした・・・笑

というのも、私の後ろのテーブルにSB5たちが座っていましたからね。笑

KimCopはスカイツリーを背に2人で撮影していました。

狭いところにぴったりくっついて座っていてかわいいですよね!

そのあとTeeくんとTaeくんが後ろにきて、思わずお隣の方と「後ろ向いて食べますか!?」と言いました。笑

f:id:hatimitu0126:20180322171017j:plain

ちゃっかり自撮りでも証拠写真を収めております。

私の真後ろに座っていたのは、前回の記事でBasくんと並んで写真を撮られていたスタッフ・Firstさん。

スタッフさんもみんな素晴らしいかっこよさ♡

全員が席につくと、ちゃんと「いただきます」と言って食べ始めます。

Taeくんが発音がわからなかったみたいでチラチラこちらを見ていたので(かわいすぎる)みんなで教えてあげました。

 

そして、今ツアーで私が一番やらかしてしまった例のアレを見ていただけますでしょうか。

なんか撮影してたので写りこんだらインスタのストーリーでした。

ファンミに一緒にいった友達からのラインで気付いて、もう笑うしかなかったです・・・。

彼らを撮影するかわりにファンも容赦なく晒されていくので、むやみに彼らの撮影に写ってはいけません。

でも思い出にはなります。笑

f:id:hatimitu0126:20180322175424j:plain

f:id:hatimitu0126:20180322170808j:plain

タイからいらっしゃったファンのお姉さんのカメラに向かってサービス中のTeeくんと、ご飯を食べている最中、Taeくん越しのCopちゃん。

ご飯中はさすがに動画は撮っていません。

 

しばらくご飯を食べているとおかわりしだすCopちゃん、食欲旺盛で素晴らしいです。

対してBasくんは、水族館でご飯を食べすぎたようでおなかいっぱいの様子でした。笑

実はBasくん、バスの中にも食べ物を持ち込んでいて、足元に置いていたのを目撃されています。

そりゃあおなかいっぱいですよね~。笑

もちろんTeeくんはほぼ完食です。

ほぼ、と書いているのもちゃんと意味がありまして、何皿か残してしまったお皿をおもむろに持ち上げるTeeくん。

ファンの人が見ているのを確認して、そのままTaeくんのお皿に残ったおかずを移動させていました。笑

しかもTaeくんが見ていない隙を狙って。

いつものいたずらTeeくんを間近で見られた瞬間でした。笑笑

 

一通りメンバーたちが食べ終わると、ファンのところへ行って写真を撮りました。

Kim兄かBasくんか誰かが「おいしい?」って聞いてくれていた気がします。(記憶が曖昧)

その時Teeくんにがっつり両手で肩を掴まれて正直びびりました。

 

そして私が選ぶ今回撮った中で一番やばい写真がこちらです。

f:id:hatimitu0126:20180322174932j:plain

何かと言いますと、その写真撮影後にTaeくんが私たちのテーブルに忘れていった飲みかけのジュースです。

もちろん、写真を撮るだけで何もしていないのでご安心ください。笑

そのあと無事Taeくんご本人によって回収されました。

 

お昼ごはん編、思ったより長くなってしまって集中力が切れたので今回はここで一旦切らせていただきます。

一体いくつの記事ができあがるんでしょうか・・・。

次回、着物編も近日更新予定です!

 

※追記 続きです↓

hatimitu0126.hatenablog.com

 

よし、イビルジョー狩りに行ってまいります。

SBFIVE 1st EXCLUSIVE 1Day Trip in Tokyo ①

2018年3月11日、1DayTrip編①です。

SB5とその関係者・スタッフの皆さんと共に、大金を積んだファン30人が1日を過ごした記録になります。

 

ファンミーティング編の記事はこちら↓

hatimitu0126.hatenablog.com

 

何から何まで急に発表があるタイ界隈ですが、このTripも急に発表され、その次の日に募集が始まりました。笑

金額が金額ですしその時お仕事休んでいたのでめちゃくちゃお金がなく、正直行くか悩みました。

そして募集が開始されてからも1時間くらい悩み、結局思い切って応募してしまい、ついでに当選メールも届きます。笑

お金は稼げるけど彼らとの思い出は一生返ってこないですから、行かずに後悔したくなかったんです。

 

そんなこんなで無事に参加が決まり、当日は朝の8時半に東京駅に集合しました。

そこから1時間くらい、言えない事情(byスタッフさん)により遅れているSB5たちを待ちます。

それでこそタイ時間です。笑

集合写真をすぐ撮れるように整列して待つよう指示があったのですが、他の観光客の方も写真撮りたいよね邪魔だよねごめんね、と皆で呟きました。笑

途中まったく知らない外国人のお兄さんが一緒に写真を撮ってくれて、意味が分からず笑うしかなかったです。

 

しばらく待っていると、前方から5人とスタッフさんたちが歩いてきます。

真っ先にファンの元へ到着するTeeくんに、皆からさすが!という声が上がっていました。

f:id:hatimitu0126:20180317162504j:plain

そのまま記念撮影を済ませて、近くに停めてあるバスへ移動します。

f:id:hatimitu0126:20180317192823p:plain

こんな感じでみんなの背中を追いながら。笑(Basくんの足)

f:id:hatimitu0126:20180317201226j:plain

バスに乗ると「おはようございます」と挨拶してくれる皆さん。

ただ、私の声が思いっきり入ってたので音声消してます。

 P'Janeイケメン・・・!

 

こっちはバスの中の様子です。

Basくんと写っている女の子は、Basくんの妹・Plyfonちゃんです。

BasママとBas妹に生で会えて感動しました・・・2人とも美しいが過ぎる。

Copママにもいつか会いたい!

f:id:hatimitu0126:20180317192924j:plain

こちら、上記の動画内で眠そうだったCopちゃんがものすごい姿勢で寝ている様子。

やっぱりダンスやってるから体が柔らかいんですね・・・。

ちなみにその奥に写っているピンクのもふもふ、Plyfonちゃんの上着をかぶるBasくんです。笑

日本時間はタイ時間より2時間早いので、彼らにとってはものすごい早起きだったと思います。

みんなおねむでした。

 

旅程表の開示はなかったので、どこに行くのかなとドキドキしつつ、一番最初についた先は「東京都葛西臨海水族園」です。

水族館大好きなので嬉しかったのですが、案の定魚どころではなく、魚の記憶があんまりありません・・・笑

魚を見るSB5を見る場所でした・・・今度ゆっくり見に行きたいと思います。

水族館の中に入る前の動画です。

名前呼んだらお手振り貰えました~かわいい!!!!

f:id:hatimitu0126:20180319012354p:plain

Copママにも見てもらえました♡

こっちは中に入ってからの動画です。

終始こんな感じでみんな仲良く見学して、お魚をバックに写真を撮っていました。

Teeくんはどこにいるのかといいますと、スタッフさんとどんどん前に進んで行ってます。笑

お食事コーナーを見に行ったTeeくんに、ここでもまたさすが!という声が上がりました。笑

f:id:hatimitu0126:20180317201318j:plain

色鮮やかなお魚はやっぱり写真に撮っても綺麗ですね!

一番の衝撃はマグロの大群でした。笑

 

建物の外に出てスペースに余裕が出ると、みんなセルフィーをお願いし始めます。

コツはタイミングを見計らって隙を見つけてお願いすること、そして素早く終わらすこと。笑

私も5人全員とツーショットとってもらいました♡

 

みんな慣れてるので、セルフィーオッケー?と声をかけると、スマホを奪われて一緒に撮影してくれます。

普通の写真は素の表情ですが、セルフィーだと思いっきり顔を作ってくれるので、とにかくみんなかわいい写真でした。

 

一通り見学が終わると、やっぱり出店の食べ物に興味津津のTeeくん。

他のメンバーも続々出店の周りに集まり、このあとはお昼ご飯だというのにおやつタイムです。笑

インスタのストーリー見て思ってましたけど、ほんとにみんなよく食べますよね。

f:id:hatimitu0126:20180318004409j:plain

Basママに餌付けされるCopちゃん、この後一気にお口に突っ込まれて、みんな爆笑でした。笑

 

そんな中Taeくんはファンに混ざってメンバーの写真を撮っていました。

振り向いたらTaeくんがいてびっくりです・・・。

f:id:hatimitu0126:20180317200118j:plain

f:id:hatimitu0126:20180317200123j:plain

そしてこの時撮られていたのはBasくん。

お隣にいるのはスタッフさんです。

f:id:hatimitu0126:20180317200804j:plain


すると今度はキムコプがファンごっこを始めます。笑

f:id:hatimitu0126:20180317204647j:plain

ファンに混ざってスマホを構えるCopちゃん。

f:id:hatimitu0126:20180317204815j:plain

そのあと交代して、Kim兄がファンの間からおずおずと顔を出し、Copちゃんにツーショを求めます。

おしとやかな立ち姿ですよね。笑

f:id:hatimitu0126:20180317205013j:plain

そうそう、本物のファンと撮るときもこんな感じなんです。

相変わらずかわいく控えめにピースをするKim兄でした。笑

 

このあとはバスに戻って移動し、お昼ごはんです。

今回の記事はここまで!

ファンミ編に比べかなり細かく書けたと思いますが、細かく書きすぎておそらく3記事くらいになると思います。笑

続きも気長にお待ちください!

 

※追記 続きです↓

hatimitu0126.hatenablog.com

 

SBFIVE ASIATOUR 1st fanmeet in Tokyo

2018年3月10日、行ってきました。

今回の記事はファンミ編です。

 

正直言うと、次の日に行われた1DayTripの衝撃が大きすぎて、ファンミ本編の記憶がぶっ飛んでます。

最前だったので自分の目で見たくて、写真もほとんど撮っていません。

ですので、詳細レポや写真や動画が見たい方は他の参加者のツイッターやブログをご覧ください・・・。

じゃあ何の為にこの記事を書いているのか?

ただの私のための覚書です。

 

会場はこんな感じ!

f:id:hatimitu0126:20180313182150j:plain

 

私が到着した時にはすでに入場待ちの列が出来てました。

しかし、初めての公演ということで、ファンもスタッフも大混乱。笑

開始時間を約1時間ほど遅らせての開演でした。

 

ホールに入る前に予告されていたプレゼントを貰い、中には各FCさんや現地のファンの方からのかわいいグッズたちが盛りだくさんです。

他にも会場でファンの方から直接いただいたものも含めると、結構な量の宝物になりました!

前述したとおり、私は1DayTripに参加したので最前席。

受付で本人確認をするはずが、Trip参加者は口頭での名前確認だけで席に通され、不安になる最前メンバーでした。笑

 

開演して一番最初はSB5の初オリジナル「WHENEVER」です。

開演前の袖からちらちら姿が見えていたわけですが、会場が暗くなって映像が流れて、舞台上に5人が現れて、心臓止まるかと思いました。

今回のお出迎えは行っていないので、Taeくん以外は完全に初めまして。

被せはもちろんありますが、ちゃんと生の歌声も聴こえてきていて「うわ、本物がいる・・・」とそりゃそうだろうみたいな感想しか出てきませんでした。笑

推しの生歌ほど感動するものはないですよね。

やっぱりCopちゃんは5人の中で一番ダンスも歌もうまくて、ステージの上でパフォーマンスをすると人一倍輝く子なんだなって思いました。

 

1曲披露した後は日本語で自己紹介をしてくれて、トーク&質問コーナーへ。

 

f:id:hatimitu0126:20180313202156j:plain

完全未加工の写真で申し訳ないです。

何話してたか全然思い出せない・・・。

日本に来たことがあるかって話とかとか・・・。

覚えているのは、Basくんのファーストキスが2moonsの撮影だったということ。

うそうそうそ~(これ彼らがずっと言ってた日本語)って思いますけど、Basくんのインスタ見てると、2moons前と後では雰囲気が全然違うんですよね。

2moonsで人気出てからすごく垢抜けてて、だから妙に説得力があります。笑

 

トーク中、納得することがあると「そうそうそう」と繰り返していたメンバーですが、どこかで突然Kimが「うそうそ!」と言いだして、さすがだな~と思いました。笑

 

写真にも写っているのですが、Taeくんはとにかくファンサの鬼。

イベント中もイベント後のハイタッチ中も、ちょっとでも隙があると撮影しているファンに向けてポーズをとってあげるんです。

優しい~~~~~!!!

 

次はゲームコーナー。

まず、学ランで登場した5人がかっこよすぎてむしろ引く。

それ以上かっこよくなってどうするんだよ!って思います。

ファンも参加して、新聞の上でバランスを取るという密着イベントです。

メンバー1人と5人のファンで合計5グループを作り、優勝グループには写真のプレゼントがありました。

みんな必死で他のメンバーの邪魔をしにいく姿を、これいつも動画で見てるやつだ・・・。と思いながら眺めます。

もうひとつは学ランといえばの、ボタンプレゼントでした。

さすがに衣装を引きちぎるわけにはいかないので別で準備されていたものですけど、それぞれみんな個性溢れるプレゼント方法で、紳士溢れる5人です。

Taeくんから貰ったボタンをすかさずTeeくんに渡しに行ったファンの方と、Basくんに同級生みたい!と言われた男性ファンの方、グッジョブでした。

 

そして一旦休憩を挟み、ここからは写真・動画など撮影一切禁止のミュージカルショーでした。

撮影禁止と聞いて、何をするんだ!?と思ったけど、めちゃくちゃしっかりしたミュージカルでとにかくびっくり。

台詞も覚えて歌も覚えて、忙しいだろうに最後までかわいくかっこよくやりきってくれました。

大好きな5人の歌とお芝居を同時に堪能できるミュージカルいいですね・・・。

素の彼らももちろん大好きだけど、私は役者が好きなのでお芝居してる彼らはもっと好きです。

恋愛絡みの内容だったのですが、Basくんの好きな人は「別のお仕事」でここにはいない人だということで、会場は絶叫で包まれました。笑

脚本考えた人、需要がわかっていて素晴らしいと思います。

最後は客席降臨もあり、全員とハイタッチしてもらいました。

サービス精神がすごすぎる。

 

そうしてすべてのパフォーマンスが終わり、準備をしてハイタッチ会へ。

最前列なので一番最初に案内され、何をどうすればいいかわからないファン一同。笑

ここでもハイタッチのはずが握手してくれる5人の優しさにまた感動。

何も言うこと準備していかなかったので、とりあえず全力でありがとう!と伝えてきました。

Basくんとお互いありがとうの言い合いで5リレーくらいしたのが一番面白かったです。笑

Copちゃんにはプレゼントも無事渡せて、一安心でした。

 

そんな感じで最後写真撮影をしたり挨拶をしたりして21時過ぎにすべてが終わり閉演。

深くお辞儀をしてくれる礼儀正しい一面も、幕が閉じた後なのに袖から顔を出して手を振ってくれるおちゃめな優しい一面も見られて、終わった後も5人が大好きって気持ちでいっぱいでした。

 

初めての日本公演でTaeくん以外は日本ファンとは初対面で、きっと5人もスタッフさんたちも不安があったと思いますが、愛が溢れるすごく素敵な公演でした。

アジアツアーの一発目を日本に決めてくれてありがとう。

Taeくん来日の時から計画を進めてくれていたらしく、あの時たくさんのファンのみなさんと温かく迎えてあげられて良かったなって思いました。

また次も計画が進んでいるとかいないとか・・・。

今回行けなかった方も、この公演後にSB5や2moonsのことを知ってファンになった方も、また次の機会にお会いできたらいいな。

私ももう5人に会いたいし、Godさんに会いたい!

 

次の記事は1DayTripのレポートになります。

動画も途中でスマホの容量がなくなったくらい多いし、内容も濃すぎて時間がかかりそうなのですが、いっぱい貰った思い出を少しずつ書いていきますので、しばらくお待ちください♡

 

※追記 1DayTripのレポ①です↓

hatimitu0126.hatenablog.com

ブログの更新がない理由

お久しぶりです。

先月末からブログ更新してなかったのですが、のっぴきならない事情がありまして・・・。

 

f:id:hatimitu0126:20180218011605p:plain

 

ご覧の通り新大陸でハンター業を始めてました。笑

そりゃあもう、古龍渡りの謎を解いたり、ガジャブーと仲良くなったり、モンスターの角折ったり、忙しいったらありゃしないのです。

 

基本的にゲームは好きで、モンハンシリーズは過去にMHP3とクロスをやってたのですが、P3は一緒にやる友達がいない上に村クエをクリアできず、クロスは手伝ってもらいながらでも下位がやっとで・・・。

そんな私ですが、今回ワールドの発売の為にPS4を買い、懲りもせずハンターをやっています。笑

 

現在のハンターランクは43、メイン武器は弓と双剣でございます。

ゲーム下手で有名な私が!今は簡単な上位モンスターならソロで狩れるくらいにまで成長しました。

今作は救難信号があるおかげで、へっぽこソロハンターでもマルチがやりやすくてありがたいです。

 

f:id:hatimitu0126:20180218011637p:plain

 

好きなキャラはフワフワクイナ。

昨日合計2時間くらいリセマラガチャを繰り返して、やっと見つけました・・・。

 

おそらくこのブログを見ていただいている方は、こういうがっつりなゲームをやる方はあんまりいないんじゃないかなぁとは思ってます。

タイの推しくんも割とゲーマーで、しかもFPS系が好きでゲーミングPC揃えちゃうタイプの。

モンハンもタイ版があればいいのにな~あったらやってくれるかな~と妄想しながら、オトモのアイルーにこぷたーと名付けました。

 

日々こんな感じでのんびりハンターライフを送っています。

ということでブログの更新も気が向くままにやっていきますので、よろしくお願いします!