読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴミ箱ぐらし!

ベッドの横のゴミ箱の中で、ナニカに使われたティッシュの残骸と共に暮らす女のひとりごと。

クズ女から見たハロープロジェクトの魅力の話

中学生の頃はボーカロイドやアニソンを聴き、高校生の頃はV系と実写BL作品のサントラや主題歌を聴いて育ってきた私は、「少女純潔歌劇 LILIUM」を機にハロープロジェクトにはまり、私の再生リストの1/3はスマイレージアンジュルムです。

はまった当初からイチ推ししていためいめいが卒業してからは、ほぼ現場には行っていないですが、マイナーアーティストばかり好きになる私が一生行くことのないと思っていた武道館に2度も行けたのは、アンジュのおかげです。

 

いわゆるアイドルオタクというのは、男性の方が圧倒的に多いものだと思っています。ただ、ハロプロは、女性ファンがかなり多いように思えます。会場の半分は女性ってこともあるのではないでしょうか?

そんなハロプロの魅力を、ひよっこの私なりに考えてみました。

 

まずはなんといっても、正統派アイドルというところだと思います。

決して高嶺の花ではない女の子を身近に応援していくスタイルが人気になったAKBや、オタクという点にスポットを当てたでんぱ組など、個性があって、ハロプロよりテレビで見るアイドルは結構います。

でも、ハロプロは、どこまでも厳しいレッスンを受け、きっとどんなアイドルたちよりもプロのアイドルでいようとするのです。私の中の古き良きアイドル像を受け継いでいるのは、どのアイドルでもなく、ハロプロなのです。

 

そんな正統派アイドル、ハロプロの楽曲は、決して正統派アイドルではないところがまた良い。

たとえば、最近のこぶしファクトリーの曲。

 

謡曲のようなこの曲をこんなにかっこよく歌いあげるアイドルなんて、私はこぶししか知らない。

以前どこかで、つんくさんはアイドル曲としてハロの歌を作っていないと聞いたことがあります。生き様は正統派アイドルだけど、彼女たちの楽曲はかっこいいアーティストなのです。どこかだささがあるのもまた魅力。

もちろんカントリーガールズのようにかわいい曲をメインにしているグループもありますけどね。

そして、かっこいい曲をかっこかわいい歌声と完璧なパフォーマンスで表現するハロプロが大好き。みんなかわいい顔してマイクを持つと豹変する。

 

さらに、私がハローを好きになって一番驚いたのは、どのライブ映像でも必ず生歌であることです。

私は歌に詳しくないので、今までテレビで見てきたアーティストがどの程度生歌なのか、まったく判別がつきませんでした。

でも、ハロプロのライブ映像を見て、全力のダンスをしながらここまで歌える同年代の女の子たちって何者だよ!?って思うくらい、はっきりと生歌だとわかりました。

ソロパートや他グループのカバーが多く、加入と卒業を繰り返すハロプロは、いつでも歌に対してもバカ正直なのです。ほんとかっこいい。

 

シメはこの曲で。

この会場にいられたことが本当に幸せだったし、スキちゃんから涙が止まらなかった。

成人式のために金が使えなかった話

お久しぶりってか、実家帰って、特にネタはないし、友達と泊まりしてたし、モンストやってたし、謎に体調悪いしで、完全に存在を忘れてましたね!

 

今日は成人の日ですね。かくいう私も今月誕生日で、新成人なのです。

ただ、私の家には受け継がれてきた振り袖なんてないので、借りるしかないのだけれど、オタクをやってる身としては、自分がたった数時間着飾って20万吹っ飛んでいくくらいなら、東京に行きたいのです!!!!!!!!!

 

もちろん、普段から自分の身なりに気遣っていないわけではありません。

大好きなMILKBOYのお洋服は高くて買えないけど、そこらへんの女子大生に擬態できるレベルには服を着ているはずだし、デパコスなんて手出せないけど、メイクせずに部屋を出るなんて滅多にしません。

服もメイクも人並みには好きだと思います。

ただ、ただ、成人式にいくためだけに振り袖を借りるなんてもったいない気がしてならないのです。

「一生に一度じゃん」ってみんな言うけど、東京でやってる小さな舞台の1公演だって一生に一度なんだよ!!!なんなら毎日が一生に一度だよ!!!お前ら何年生きてんだよ!!!!って思うんです。

その20万で今の私ならきっと2カ月は生活できるし、旅費にあてたら4回は東京飛べる。もったいない。ってなるのは、私が貧乏一人暮らし勢だから?趣味に投資しすぎだから?(ほぼこれ説)

親は、振り袖代くらい出してあげると言ってくれたし、いつもあんたは変なとこケチだねって言われる。

私はおかしいんでしょうか・・・。

 

人それぞれ価値観の違いだって言われればそれまでだけど、高いお金だして着物借りて町長のクソみたいな話聞いて綺麗な同級生たちの顔みてコンプレックス刺激されにいくなんて私には耐えられない。

今でこそ、とっても不本意ではあるけど同期にお前は芸人枠やろって言われるくらい人間とコミュニケーションをとれるようになったけど、中身はただのキモ腐女子ですから、それはもう輝かしいほど陰キャラなのですよ。

クソデブス陰キャラがいくら振り袖着たってリア充にはなれないのよね、切な。

 

以下どうでもいいオタク話。

 

上の話を書いていてふと思ったのですが、私があまり金銭を使わない趣味ってモンストぐらいなんですよね。無課金だから電気代くらいしかかかってない。他は、ハロプロの追っかけ、若手俳優の追っかけ、BL本を買い、ドールを買い、たまにアニメグッズを買い、たまにPCゲームを買い、たまにエロ漫画家に会いにいき、お金のかかることばっかり。

それでも最近は、遠征してないしBLもほとんど買ってないんですけどね。

生活必需品以外でお金をかけるのが趣味だっていうけど、なるべくお金のかからない趣味ってないのだろうか・・・。スケートアニメを機に、高校合格祝いでもらった高級ペンタブで絵の武者修行でも始めようかな・・・

クリスマスイブに怪我した話

クリスマス、いかがお過ごしでしょうか。

ただいま午前1時、私はgamewithの生放送を聞きながらこの文章を書いています。

今、世の中の暗い室内には、子供の寝息かサンタさんの足音か、あえぎ声が響いていることでしょう。

 

クリスマスということで、張り切って料理を作った女の子たちは多いのではないかと思います。

中には、料理は苦手だけど今日はがんばったという人もいるのでは。

ほら、漫画とかでもよくあるじゃん、かわいいお弁当作ってきたけど、指がばんそうこうだらけみたいな。

本日の私の左手も、ばんそうこうだらけなのです。

まあ、その理由は、勢い余った彫刻刀が刺さっただけなんですけどね!

なんてマヌケで色気がないの!きっと今日包丁で怪我した人はいても、彫刻刀で指削って半べそかいたのは私だけでしょう。

 

なんでそんな作業しているのかというと、粘土で球体関節人形をつくっているからです。

このブログを始めたのも、お人形の日記を書きたかったというのが理由の一つになります。来月までには完成させなきゃ卒業できないので(卒業制作)製作日記はあきらめますが。

年末年始はわが子の製作に注ぐと決めました。はやくお化粧してあげたい。

海外のキャストドールやボークスのドールをお迎えする方は多いかもしれませんが、何せ私は貧乏学生なので、1/3ドールなんてとても手が出せないです。

それなら作っちゃえ!ってことで、理想の美少年を作り上げることにしました。

理想の美少年を錬金するには、私の血が必要だったみたいです。

末満さんの「equal」みたい(笑)

 

 

二次元オタクにこそ薦めたい「TRUMP」という演劇作品の話

※オススメしたいだけのブログです。ネタバレは含みません。

 

世の中の大半の人は、学校で行う芸術鑑賞ぐらいでしか「演劇」や「舞台」といった作品に触れる機会はなかったのではないでしょうか。日本というのはそういう国なのです。

さらに、私がそういった機会で見た演劇というのは、本当にひどいものでした。

高校生に演劇という世界の面白さを伝えるには、ホールの後ろまで声の届かない役者と、理解しがたい時代劇なんて、ふさわしくないと思いませんか?

もちろん、東京の方では、上川隆也さんが所属していたことで有名な演劇集団キャラメルボックスのお芝居や、ワタナベエンターテイメント所属の俳優集団D-BOYSのメンバーが主役を固めるDステを鑑賞することもあるようですが・・・。(できるかぎりの雪玉をすべて東京に投げつけたいくらい羨ましい)

 

私は大学で舞台を学んでいます。サークルではなく舞台芸術コースなのです。

そんな今の私を作ったのは、陳内将さんという俳優です。彼にはまったのがきっかけで、舞台が好きになり、大学で舞台を学び始めました。

前置きが長くなりましたが、今日は、陳内さんも出演している舞台「TRUMP」についてのお話です。

 

f:id:hatimitu0126:20161216225122j:plain

基本情報については、私が作成したまとめを見て欲しいのですが(笑)

【ネタバレなし】舞台「TRUMP」の世界 - NAVER まとめ https://matome.naver.jp/odai/2143713856064358801

ざっくり書きますと、この作品はヴァンパイアがテーマの作品です。


「TRUMP」【ゲネプロ(舞台稽古)】

 刀剣乱舞のストレート版やアップフロントの演劇女子部でおなじみの末満健一さんが脚本・演出を手掛けていて、何度も再演が繰り返され、関連作品も多数上演されている人気作品です。

演劇女子部の「LILIUM」初日のツイッター、TRUMPとつながってるぞ!見に行かなきゃ!チケットどこ!って、阿鼻叫喚がひどかったですよほんと。

そこで歌姫・田村芽実に出会ったのは、また別のお話。

 

以前お見かけしたブログで、二次元オタクの人たちにこそ届けたい作品だと書かれていましたが、まったくその通りなのです。

中世ヨーロッパを思わせる衣装で、ゴシックファンタジーな世界観。

モラトリアムな思春期(繭期)を学校に隔離されながらすごすヴァンプの少年達(作品によっては少女達)。

新作の上演後には、過去作品との比較・考察が行き交うツイッター、ブログ。

オタクが好きな要素の詰め合わせ!って感じです。この作品こそ、普段アニメや漫画でファンタジーの世界を見ているオタクたちを、体丸ごとファンタジーに引き込む作品だと思うのです。

なぜこの話をしたのかというと、2017年夏に「グランギニョル」というTRUMPシリーズの最新作が上演されると発表があったからです。

まだ時間はあります。オタクのみんな、いちからTRUMPシリーズを見るのです。ニコニコのD-BOYSチャンネルに1カ月だけ入会すれば300円で「TRUMP」が見られます。CSでも今月放送します。絶対すきだから。絶対ハマるから。これアニメや漫画や小説になったら面白いだろうなあってそれ繭期の患者たちが一番思ってるから。

 

Dステ12th TRUMP アンジェリコ・フラ

 

今後別媒体への展開も期待されているこの作品をいち早くチェックして、2017年夏、劇場でお会いしましょう。

普段はアニメ、ドラマ、映画、ドラマCDなどなど、画面越しのお芝居で満足しているそこのアナタ。生身の人間が自分の目の前でストーリーを紡いでいく演劇という世界に、一歩を踏み出してみませんか。

ユーリoniceはBLアニメか?の話

※個人の感想です。意見が合わないことは、音楽性の不一致と同じくらいよくあることです。

※ネタバレ注意?


ユーリオンアイス、10話を見ました。
朝起きて、ツイッターを開いて、トレンドに「ヴィク勇結婚」という文字を発見したのです。
それは、紛れもなく、どストレートに公式でした。

そして、学級会が大好きな女オタク・腐女子の皆さんはこう呟きます。
「これはBLアニメですか?」


先に私の結論を言いますと、公式がBLアニメだと公言しない限りは、BLアニメだとは思いません。

もちろん、公式が私のような浅はかな腐女子をターゲットにアニメを製作していることは察しがつきます。
しかし、あのアニメは、BLっぽい表現を狙ってしているだけで、今のところは本格フィギュアスケートアニメなのです。
ボーイズラブをメインにしているわけではなく、フィギュアスケートがメインなのです。

某所で、BLならBLだって先に言って欲しかった。という意見を見ました。
でもそれって、ネコは電子レンジで温めるなっていう有名な都市伝説と似たようなものを感じるのです。
世の中には、ゲイのキャラクターが存在し、なおかつ、恋愛模様も描いた一般向け作品(小説、映画、漫画、他)は山ほどあります。
そのような作品は、いちいちLGBTに関する表現がありますとは書きません。
なんでもかんでも、説明しなければいけないのでしょうか。
本格フィギュアスケートアニメ(BL表現を含む)って?
おかしくない?だって、彼らはアニメの中で恋をしてセックスしてるわけじゃなくて、スケートやってるんですもの。

ついでに言えば、男女の恋愛物には説明がないのに、同性同士の恋愛物には説明が必要なのか?と思うのです。
作品のメインになる写真やあらすじを見て、恋愛もありそうだなって、書いてなくてもなんとなくわかりますよね?
それと一緒で、BLっぽいなって、なんとなくわからないものなのでしょうか。
私だって、物語の主軸ではなくても男女の恋愛が無駄に絡んできそうに見える作品なんてまず見ないよ!
ユーリの公式の宣伝画像みたときに、あ、これ今期の餌だ!って思ったよ!?察して!?と、思うのはダメな考えでしょうか・・・。


ここまで批判が出ているのは、スケートという創作に厳しいジャンルで、実在選手をモデルにしたことを一瞬公表し、あからさまなBLっぽい表現をこれでもかというほど詰め込んでいるからだとわかっています。
ただ、実在選手の名前を公表した文章はすぐに修正されました。
公開するべきではないと判断されたのに、それを蒸し返すのは、意地悪だとは思いませんか?
それに、このアニメに登場するキャラクターはあくまでオリジナルキャラクターであり、モデルの方とは一切関係ないのです。

まとめると、どんな作品を作ろうが公式の自由だ!文句を言う前にテレビ消せ!あと、察して!ってことです。

6円

今日は、ATMで6円をおろしました。

ATMで5円玉と1円玉を1枚ずつ受け取ったのは初めてです。

とても複雑な心持ちでした。

泣けるBL作品の話

今日は疲れすぎてBLのことしか考えられなくなってきました。

色んなブログやサイトを見た中でも、あまり見かけなかった、私の泣けるBLオススメ作品でも紹介してみようと思います。

1作品目
あめの帰るところ」/朝丘戻

朝丘戻さんの代表作といっても過言ではないと思うこの作品は、予備校の先生と、その生徒である高校生のお話です。
幸せそうな二人を見た私は大号泣でした。
BLを読んで初めて泣いたのがこの作品。
詳しくはネタバレになってしまうので書きませんが、切ないです。

この本が出た頃は、毎月新刊をチェックして買っていた時期なので、思い入れのある作品でもあります。

2作品目
マザーズ スピリット」/エンゾウ

既読のあなた様は、泣くとこあったっけ?あそこくらい?と、検討がつくかもしれません。

異国の地からやってきた留学生と、大学講師のお話です。
全体的にほんわか切ない"あめちゃん"に対し、こちらは笑って息絶えそうになりました。
ただ、後半、あるシーンで、気がついたら主人公と一緒に私も泣いてました。

結局、泣ける泣けないに関わらず、色んなツボが刺激された作品でした。

3作品目
ラバーズ♥ドール」/三島一彦

人といえば人ですが、人外といえば人外です。
タイトルの通り、ドールの男の子とそのオーナーのお話です。

ファンタジックな作品は苦手な傾向にあるのですが(BLはファンタジーだとか、ストーリー構成がファンタジーだとか、そういうのは置いといて)、球体関節人形が好きな私にとっては、嬉しくもあり、悲しくもある作品でした。

ドールオーナーの方なら、一度は「うちの子が動き出したら、どんな感じなのかな?」と考えたことがあるかもしれません。
そんな気持ちをBLで表現してくれた作品だと思います。


どれもこれも、泣けるけど、二人の心は幸せな作品です。
是非、読んでみてください。