泣けるBL作品の話

今日は疲れすぎてBLのことしか考えられなくなってきました。

色んなブログやサイトを見た中でも、あまり見かけなかった、私の泣けるBLオススメ作品でも紹介してみようと思います。

1作品目
あめの帰るところ」/朝丘戻

朝丘戻さんの代表作といっても過言ではないと思うこの作品は、予備校の先生と、その生徒である高校生のお話です。
幸せそうな二人を見た私は大号泣でした。
BLを読んで初めて泣いたのがこの作品。
詳しくはネタバレになってしまうので書きませんが、切ないです。

この本が出た頃は、毎月新刊をチェックして買っていた時期なので、思い入れのある作品でもあります。

2作品目
マザーズ スピリット」/エンゾウ

既読のあなた様は、泣くとこあったっけ?あそこくらい?と、検討がつくかもしれません。

異国の地からやってきた留学生と、大学講師のお話です。
全体的にほんわか切ない"あめちゃん"に対し、こちらは笑って息絶えそうになりました。
ただ、後半、あるシーンで、気がついたら主人公と一緒に私も泣いてました。

結局、泣ける泣けないに関わらず、色んなツボが刺激された作品でした。

3作品目
ラバーズ♥ドール」/三島一彦

人といえば人ですが、人外といえば人外です。
タイトルの通り、ドールの男の子とそのオーナーのお話です。

ファンタジックな作品は苦手な傾向にあるのですが(BLはファンタジーだとか、ストーリー構成がファンタジーだとか、そういうのは置いといて)、球体関節人形が好きな私にとっては、嬉しくもあり、悲しくもある作品でした。

ドールオーナーの方なら、一度は「うちの子が動き出したら、どんな感じなのかな?」と考えたことがあるかもしれません。
そんな気持ちをBLで表現してくれた作品だと思います。


どれもこれも、泣けるけど、二人の心は幸せな作品です。
是非、読んでみてください。

オタクになりきれないオタクの話

23時くらいに眠気に襲われて起きたのは2時半。

まあ寝れないですよね〜。

じゃあ、今日はオタクになりきれないオタクの話。

 

ふと同級生たちのツイッターを見たら、友達とご飯行ったとか、彼氏の話とか、逃げ恥とか。

バカみたいにFFやモンストやユーリオンアイスの話してるの私だけじゃん!?ってびっくりしました。

世の女の子たちは、運極作りに勤しんだり、スケートアニメみて叫んだりしないんだなって思うと、オタクやめたい。

彼女たちは、歩きながらBLCD聴いたり、睡眠用BGMにBLCD聴いたりしない。オタクやめたい・・・。

 

オタクやめたいと言いつつ、生ぬるい自分をオタクと呼んでいいのか、という疑問はあるんです。

 

自分の周りの(ツイッターとか)オタクたちは、色んなアニメ見てるのは当たり前だし、ソシャゲ課金もするし、TLには綺麗なイラストが溢れてて、同人誌出してる人もいて・・・。

私の主な所属ジャンルは商業BLで、今期のアニメもユーリしか追ってないし、買う漫画や小説も商業BLだけ。(同人誌は1冊も持ってないのです)

アニメオタクというにはアニメ・漫画を追ってないし、腐女子と名乗るには二次創作に興味なさすぎ、まったく生きづらい世の中です。

 

アニメの他に俳優沼にもいますが、一昔前の俳優には詳しいけど、今の2.5次元ブームにはまったくついていけず、本命の仕事を追うだけ。

ハロプロも、推しが卒業した消失感で現場に向かう気にならず、ただいま推しの活動再開待ち。

 

そんなオタクになりきれない私ですが、いまさらBLやアイドルを切り捨てて、星野源を好きになるなんて絶対無理です。

オタクカルチャーのない人生なんて考えられないのです。

結局、私は中途半端な色々オタクとして、商業BL専門腐女子として、これからも生きていくんだろうなあ。

オタクになりきれないオタクの皆さん!

共に生きようね

はじめまして。

 

はじめまして。

 

twitterやLINEが盛んなこのご時世に、ブログを再開しようと思います。

(ブログがはやっていた時に別サイトで書いてました。)

 

私の人生、毎日そう楽しいものではないですが、自分、今まで人生に何も爪痕残してない!まだ死ねない!と思ったので、とりあえず日々思ったことを書いてみるのもいいのかなぁと思いました。

ただそれだけです、とっても軽い気持ちです。

飽きるまでマイペースに更新するのが目標。

内容は、私が書きたいこと。

 

以下、自己紹介

続きを読む