ゴミ箱ぐらし!

ベッドの横のゴミ箱の中で、ナニカに使われたティッシュの残骸と共に暮らす女のひとりごと。

初・ボイメン現場めっちゃ楽しかった(語彙力)

ライブ前日に友達に誘われて、イチオシまつりでボイメンのライブがあることを知り、ちょうど休みだったので行ってきました。

現場行ってきたよの覚書なんで大したこと書いてないです。

 

正直、私はゆーちゃむと名前だけ聞いたことがあるたむたむしか知らないし、ボイメンのゆーちゃむというよりは、テニミュと恋レピのゆーちゃむが好きな人です。

もちろん、歌も1曲だって知ってる曲はありません。

そんな状態でファン名乗るな!って怒られそうですけど、2ndルドルフ推しだから北海道に来たら追ってるくらいの最高にゆるゆる推しです。

そんな私が初めてボイメン(メンバー半分しかいなかったけど)の現場に行ってきました。

 

最初は、曲を知らない状態だし、寝坊して急いでいたのでペンライトも忘れたし、楽しめるかなぁと不安でした。

でも、彼らがスタンドマイクを持ってステージに出てきた瞬間、うわ、本物のボイメンだ!って感動しました。笑

 

曲を知らない人でも、アップテンポの曲が多いのでノリやすいし、ファンのコールも(野外で北海道だったからかもしれないけど)うるさくなく、初心者には優しい現場でした。

何より、彼らのパフォーマンススキルが結構高い。

最後の「帆を上げろ!」でソロパートをもらったたむたむがぐだぐだで終わらせたあと、メンバーみんなで歌いながら顔を見合わせて笑いあってたのも印象的でした。

完璧な歌やダンスも良いけど、ちょっとぐだった場面も笑顔の楽しそうなパフォーマンスでごまかしちゃう彼らがかわいかったです。

 

そして、トークスキルの高さにびっくりしました。

曲と曲の間に自己紹介を含む軽いトークと、牛乳早飲み対決をやってましたが、笑いっぱなしでした。

パフォーマンス後のアナウンサーさんとのトークも、よそよそしい雰囲気は一切なく、楽しめました。

北海道と名古屋のご当地ネタも混ぜつつ、場の盛り上げ方が上手いので、こういうオタ向けではない大きなイベントのステージ向いてるなぁと思いました。

 

正直、最初から最後までこんなに楽しめると思っていませんでした。

メンバーみんながお客さんにサービスしようとしているのがわかったし、曲もトークも含めた全体のパフォーマンス力も高く、何よりみんな楽しそう。

ボイメンがどんどん伸びていく理由が、たった45分のライブで少しわかった気がしました。

 

 

10人揃ったボイメンも見てみたいと思いつつ、今後有料ライブに行くか?と言われれば正直微妙なところ。

乗りやすい曲が多いと言っても私の好みであるかは別問題だし、なんとなくがっつりハマれそうな雰囲気はないんですよね。

なんでだろう。

むしろ、皿特急の現場であそこまで楽しめてた私もなんだったんだろう?笑

とはいえ、今メインで行く現場は陳内さんの舞台とハロプロのライブだけなので、ライブ系で通える男の子グループはわりと欲してはいるんです。

ライブでペンライトまわしてオタクをやりたい気持ちと、それ以前にライブ行くくらい誰かを好きになれる心の余裕がない気持ちで、ちょっと複雑です。

そして、タイの子たちはまた別次元なんですよねぇ。不思議。

もういま、ちゃんじんとタイの子で手いっぱいです~~

 

時が来たら、またボイメンの現場にも顔出してみたいと思います。