ゴミ箱ぐらし!

ベッドの横のゴミ箱の中で、ナニカに使われたティッシュの残骸と共に暮らす女のひとりごと。

2moons布教についてクソ真面目に考えた

***10月27日追記

2moonsファンへTaeくん来日のお知らせ - ゴミ箱ぐらし!

 

  

 

言っておきますけど、このブログ、タイの子たち専用ではないです。笑

ただ、リアルは特筆するような事件はないし、お芝居もしばらく行く予定ないし、目下の悩みが彼らなだけです。

ついに北研の定期ライブに進出しようと思ってますので、ハロプロ関連の記事もそのうち。北研じゃないけど、みぃみちゃんがかわいすぎてつらいんですよ~~~~ななみん以来の研修生大ヒットの予感です・・・。

 

さて、本題。

現在2moonsファンミinJAPANの開催に向けて少しずつ動きが出てきているので、今後ファンを増やしていくにはどうすればいいか?考えてみました。

 

まず、布教する際に気をつけたいポイントは

・全力で語りすぎない

・押してだめなら引く

・ターゲット

・言葉選び

だと思っています。

わかるんです。私も好きすぎて、本垢でも半分は彼らの話しちゃってます。でも、ツイートもRTもしすぎちゃうと引かれちゃうから今後気をつけていきます。

 

まあ上二つはいいとして、ターゲットの話です。

私が1発布教に成功したのは「オススメのBLなんかない?」とTLに投げ出されたツイートに「呼んだ?」という一言と1話のURLはっつけただけのリプライ送った事例です。(続きが気になって徹夜したと怒られた。す↑まん・・・)

オススメのBLを探している人は、その文言の通りBLを欲しているので高確率で見てくれます。興味がなかったとしても、フォロワーさんに勧められたし…と、とりあえず見てくれます。狙い目です。

あと狙うべきは、若手俳優オタの腐女子です。実写BLの視聴者の半分は若手俳優オタです(当社調べ)

ついでに、アジアBL沼にいる人、けっこう若手俳優オタ多いよね!?(当社調べ)

某所の掲示板で意見募集してわかったのは、若手俳優オタ以外の人は、無名の俳優に対して、演技が下手でただ顔が綺麗なだけの兄ちゃんというイメージが少なからずあるようです。

よって「無名俳優が主演の実写BL作品」というだけで拒否されてしまうこともあるかもしれません。

その点、若手俳優への偏見がなく、むしろ好きな人は興味を持ってくれやすいです(私が布教成功した子も俳優オタ)

 

それから、言葉選びは本気で重要だと思います。

ネタバレをしすぎない、かつ面白さを端的に伝えるって相当難しい。しかも布教する相手によって言葉を変えなきゃならないんです。

2年間演劇の宣伝・制作をしててわかったのは、広範囲向けの宣伝なんて誰も見ちゃいないってことです。

例えば、ツイッターで芝居の宣伝をRTしても、誰も興味を持ってくれませんが、個人ラインで宣伝を送ると、送られた人は返信せざるを得ない!はい、ここがポイントです。

そして皆に同じ文章を送るのではなく、その人との個人的な話も交えて送るのが大事だったりします。「こないだ風邪引いたって聞いたけど大丈夫だった?」この一言があるだけで、相手はもっと返信しなきゃいけない流れを読み取るのです。

・・・なんか話が違う方向に進んでる気がしますけど、要はそういうことです。

ただのRTよりも引用RT、ただのツイートよりもリプライ、ですね。

うまいこと日常の会話(ツイッター含)の中でさらりと宣伝していくのです(悟り)

私の場合はリアルで俳優オタを隠してないので、会う友達皆に「最近ついに海外進出したの!?」と聞かれます。さすがに腐女子は隠してるのでドラマの宣伝はできませんけど、そうやって話題に出るような友人関係作りから布教活動は始まるのです(悟り)

 

ということで総括。

ターゲットは、オススメのBLを探している人、若手俳優オタ(イケメン好き)に絞って宣伝していくのが近道。

宣伝文は広範囲ではなく個人に送り、その人との個人的な話も交えて話すと効果的。

多くを語りすぎず、しつこくせず、時には待つべし。

以上!

 

・・・そんなこといったって、急に個人リプ送ったら気持ち悪がられそうだし、宣伝できそうな心当たりないよ、という方は、絵でも文でも写真でも動画でも、なんでもいいので布教に使えそうな素材を作るのも手です。

(6moonsシムズ、ゴッド先輩で挫折したけど再開しようかなぁ。)

それすら自信のないという人は、バズりそうなツイートを考えるとか。笑(でも真面目に、一発バズればかなり知名度上がる)

タイ人のファンの方、よく彼らの写真に「それな(タイ語)」とか文字いれて使ってるのを見るので、日本語でそれ作って何気なく使っていくとか。笑

考えれば考えるほど色々方法はあるので、何かしら試してみてはいかがでしょうか!

ちなみに私の一番のオススメは「一発バズる」です!