読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴミ箱ぐらし!

ベッドの横のゴミ箱の中で、ナニカに使われたティッシュの残骸と共に暮らす女のひとりごと。

風俗デビューした話

あ、童貞捨てたんじゃなくて、サービスする側として。

18歳になり、1人暮らしを始めた時から、いつかやるんじゃないかと自分を疑っていました。ついに手を出しました。

 

この仕事を始めてから思ったことは、「自分、向いてるかも・・・」ってことです。

今までバイトもやってきましたが、どの仕事よりもしっくりきてるような気がします。

正直、学生時代は忙しさを理由に就活を疎かにしてしまったわけで(本当に、家事やる気力もないくらい忙しかったんだよ!)、現在こうなっているのに、真面目に就職している友達や先輩を見て、私はそっち側の人間にはなれないと思ってしまうのです。

分厚い資料を手にして研修つらいとか、さっそく残業とか、10時間労働とか、入社数日でやめたいとか、そんなことを言っているのを見て、働きたいと思うんですか・・・?みんな、それでも自分のお仕事を生活の為にがんばっているのは承知の上です。

新卒求人、既卒求人、派遣、契約社員・・・いろいろ探しました。ただ、どの求人を見ても、自分がそこに面接に行き、働いている姿が想像できませんでした。

だからといって、なぜ風俗?と思うかもしれません。

そもそも、私AVもゲイビもエロ漫画も平気で見られるし、会う男ほとんどにフェラ褒められるし(お世辞でそういうこと言うの?っていうのがここ数年の疑問)、何よりお給料が良いし、進むべき道はここしかないんじゃないか?って。

 

働き始める前までは、年上のオジサマたちを相手にするとか私にはムリ!って思ってました。でも、実際に働いてみるとそうでもなかったのがまた面白いです。

お金がもらえるから吹っ切れる説が今のところ有力なんですけどね。

 

もし、この記事を読んでいるあなたが風俗店で働こうか迷っているのであれば、思い切って体験入店に行ってみてはいかがでしょうか。

もちろん、性病にかかるリスクはかなり高くなるし、普通の女の子よりは体力があると自負している私でも、1日動きまくるイベントスタッフよりも疲れたし、親や友人には絶対に言えません。(同業の友達や、信頼してる子は別ですが)将来が不安なのも事実です。

まさにハイリスクハイリターン。

あと、働く前に心配してたことは、私はお世辞にもカワイイと言われる部類の人間ではないし、軽度のデブだし、売りになるのは乳くらいなもんです。

そんな奴でもお客様には多分喜んでいただけていると思うので、きっと働くことを考えるような子であれば大丈夫です。

 

私以外の風俗店で働いている全国の女性達がどんな気持ちなのか知ったこっちゃないですが、私はお部屋で待機しながら、(これは天職かもしれぬ~~~)とアホなことを考えていました。

新人というレッテルがなくなったとき、私がどうなっているかはわかりませんが、しばらくはがんばってみようと思います。