読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴミ箱ぐらし!

ベッドの横のゴミ箱の中で、ナニカに使われたティッシュの残骸と共に暮らす女のひとりごと。

ユーリoniceはBLアニメか?の話

※個人の感想です。意見が合わないことは、音楽性の不一致と同じくらいよくあることです。

※ネタバレ注意?


ユーリオンアイス、10話を見ました。
朝起きて、ツイッターを開いて、トレンドに「ヴィク勇結婚」という文字を発見したのです。
それは、紛れもなく、どストレートに公式でした。

そして、学級会が大好きな女オタク・腐女子の皆さんはこう呟きます。
「これはBLアニメですか?」


先に私の結論を言いますと、公式がBLアニメだと公言しない限りは、BLアニメだとは思いません。

もちろん、公式が私のような浅はかな腐女子をターゲットにアニメを製作していることは察しがつきます。
しかし、あのアニメは、BLっぽい表現を狙ってしているだけで、今のところは本格フィギュアスケートアニメなのです。
ボーイズラブをメインにしているわけではなく、フィギュアスケートがメインなのです。

某所で、BLならBLだって先に言って欲しかった。という意見を見ました。
でもそれって、ネコは電子レンジで温めるなっていう有名な都市伝説と似たようなものを感じるのです。
世の中には、ゲイのキャラクターが存在し、なおかつ、恋愛模様も描いた一般向け作品(小説、映画、漫画、他)は山ほどあります。
そのような作品は、いちいちLGBTに関する表現がありますとは書きません。
なんでもかんでも、説明しなければいけないのでしょうか。
本格フィギュアスケートアニメ(BL表現を含む)って?
おかしくない?だって、彼らはアニメの中で恋をしてセックスしてるわけじゃなくて、スケートやってるんですもの。

ついでに言えば、男女の恋愛物には説明がないのに、同性同士の恋愛物には説明が必要なのか?と思うのです。
作品のメインになる写真やあらすじを見て、恋愛もありそうだなって、書いてなくてもなんとなくわかりますよね?
それと一緒で、BLっぽいなって、なんとなくわからないものなのでしょうか。
私だって、物語の主軸ではなくても男女の恋愛が無駄に絡んできそうに見える作品なんてまず見ないよ!
ユーリの公式の宣伝画像みたときに、あ、これ今期の餌だ!って思ったよ!?察して!?と、思うのはダメな考えでしょうか・・・。


ここまで批判が出ているのは、スケートという創作に厳しいジャンルで、実在選手をモデルにしたことを一瞬公表し、あからさまなBLっぽい表現をこれでもかというほど詰め込んでいるからだとわかっています。
ただ、実在選手の名前を公表した文章はすぐに修正されました。
公開するべきではないと判断されたのに、それを蒸し返すのは、意地悪だとは思いませんか?
それに、このアニメに登場するキャラクターはあくまでオリジナルキャラクターであり、モデルの方とは一切関係ないのです。

まとめると、どんな作品を作ろうが公式の自由だ!文句を言う前にテレビ消せ!あと、察して!ってことです。