ゴミ箱ぐらし!

ベッドの横のゴミ箱の中で、ナニカに使われたティッシュの残骸と共に暮らす女のひとりごと。

BLドラマ「上瘾(ハイロイン)」TJFC版の公開終了日が決定

アジドラにて現在放送中の中国BLドラマ、ハイロイン

 

放送開始前からアップされていた、許魏洲JAPANファンクラブ版の日本語字幕動画が11月末日をもって公開終了となるようです。

かくいう私も、放送の数か月前にTJFC版の”第一作品”をすべて見させていただきました。

ファンクラブの方の愛が籠ったお手製字幕とのお別れは寂しいですね。

TJFCさん、ありがとうございました。

 

とはいえ、正式な日本語字幕付きの映像が放送中なんでしょ?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

もちろんその通りなのですが、アジドラ版は著作権などの都合により、カットやBGMの変更がされています。

その点、TJFC版はアンカット動画のアップもありますので、中国にて一番最初に配信されたそのままの映像に日本語字幕をつけてくださっています。

日本語字幕なしであれば今後も見ることができますが、日本語字幕のあるアンカット動画は今月いっぱいで見れなくなってしまうということです。

アジドラ版ハイロインが初見の方、まだ見たことがないという方は、今月を逃すともう一生見られなくなると思います。

 

見たことはないけど少し興味を持ったという方は、ドラマについての詳しい情報はこちら「ドラマ『ハイロイン』 公式サイト」アジドラさんの特設サイトにてチェックしてくださいね。

あらすじ、相関図などが載っています。

 

「上瘾」は世界中の腐女子をその名の通り中毒(上瘾は中国語で中毒という意味)にした伝説のドラマと呼ばれています。

あまりの人気から中国本土では即公開停止になり、役者さんたちにも規制がかかるほどの事態に陥り、幻の作品となりました。

BLが好きな方であれば見ておいて損はないはずです。

ぜひ公開終了までに、Youtubeにて「上瘾」と検索してみてください。

 

 

ちょろいオタクなのでTaeくんに土下座した

3日の夜の飛行機で私は北海道へ帰ってまいりました。

1日朝のお迎えレポというか、ただの覚書です。

 

0時をすぎたころから床に這いつくばってウェルカムボードを作り、メイクを直し、歯も磨いて、あっというまに朝5時半。

第1ターミナルへ向かうと、入口を入ってすぐのソファスペースになんとなくお姉さんたちが集まっていて、「ここ!?ここかな!?」と騒ぎ立て・・・そこでした。笑

「北海道から来る子がいる」とささやかに噂され、無事に到着できました。笑

空港の警備員さんたちにも「タイの俳優さんが来るの?」と驚かれながらも優しく対応してもらい大感謝です。

 

到着時間の6時15分頃から南ウィングの到着口で、みんなで待機。

移動してすぐくらいに「到着しました」とアナウンスが入り、続々と同じ便に乗っていたであろう方たちが出てきます。

私のボードに書いてあるタイ語を見て「タイの方がくるの?」とおばあちゃんに話しかけられたり、外国人のパイロットさんに目を輝かせたり、異様な光景を目にした一般の皆さんの視線を浴びたり、色々ありました。笑

そんな中緊張しながら待っているとあっという間に7時をすぎ、更には次の便の到着アナウンスまで流れだす。

「Taeくんは私たちが作り出した幻だったのか・・・?」

と不安になりながらも、1時間半くらい待ちました。

 

そしてついに到着口からP'Janeanの姿が・・・!

そのすぐ後ろからTaeくんもやってきました。

TaeTeeJPFCの方の掛け声を合図に「Welcome to JAPAN!」とみんなで歓迎。

2人とも少し驚いた様子ですぐにスマホを取り出して、いつものインスタ・ツイッターにファンを晒しあげる撮影タイムです。笑

まさかあれに載る日がこんなに早くやってくるとは思ってもいませんでした。

 

一通りその撮影が終わると、サインをもらったり一緒に写真を撮ってもらったり、プレゼントを渡したりハイタッチしてもらったり、いつも動画や写真で見ていた光景がそのまま目の前で繰り広げられています。

TaeTeeJPFCの方に翻訳をしてもらいながら「こんなにファンがいるとは思ってなかった」「日本でもファンミを開催する予定があります(確定ではないと思う)」と伝えられ、思わず叫ぶファン一同。笑

空港の皆さん一般利用客の皆さん、大変ご迷惑をおかけしました・・・。

静かにしようと思ってたのに、そんな余裕はありませんでした。

 

少しの間そんな感じで交流があり、Taeくんはいったんお化粧タイムに。

30分後くらいに戻ってきたものの、電車の時間が迫っているとのことですぐに駅へ向かってしまいました。

結果電車には乗り遅れてしまったようで、申し訳ない・・・。

「Sorry」と言いながらエスカレーターを下り手を振ってくれて、最後まで優しく紳士なTaeくん、かっこよすぎる。

 

後日weiboに投稿された動画内にて「ファンの子はどう?」と、おそらく一緒に映画の撮影に来ていたスタッフさんに聞かれ「みんな可愛いです」と答えるTaeくん。

お友達と一緒に「そんなこと初めて言われた~~~~!!!!」と大騒ぎでした。

もちろん、インタビューやインスタなんかでいつもファンの子にそう言っているのは知ってます。

でも、イベントにも行かない会ったこともない私はそこに含まれているはずもなくて、そういうこと言うんだ、すごいなぁとしか思っていませんでした。

・・・いざ自分が言われて(語弊)落ちないはずがないじゃん?

ありがとう~~~~と土下座した。

 

リップサービスなのはわかっていても、動画内で「長い間ファンでいてくれてるの?」

「いや、そんなに長くはないです」とか本音言っちゃうあたり、それで全部本音に見えてきちゃうよね。

空港での対応なんてお金発生しないのに、疲れてるはずなのに、めちゃくちゃ優しく笑顔で対応してくれるんです。

住んでる国も違うし言葉も通じないし滅多に会えない彼らだけど、こんな異国のファンですら大事にしてくれてとにかく心の距離が近い。

もう、こんなにタイ俳優に甘やかされて生きてたら日本の俳優に戻れないです。

政治家に推しメンを作るとタダで握手が出来ると話題になってたけど、接触好きな俳優オタはぜひタイの子を推そう。

写真も握手もツーショットも無料だ。それをツイッターに上げても怒られないし、なんなら本人からリプやいいねが飛んでくることだってある。

今ならまだファンは少ないからチャンスです。

 

それで、私は何をゲットしたのかと言うと、ハイタッチもツーショットもサインもゲットしました!!

セルフィーおっけー?と拙いながらも伝えて、同じフレームに収まる奇跡。

しかも普通のカメラで撮ったのにわりと盛れてる奇跡。

ただでさえかっこいいのにお化粧してさらにかっこよくなってるTaeくん。

一生の宝物にします。

 

まだ9日のお見送り、20日のお迎え、その後のお見送りとありますので、お時間のある方はぜひ素敵な思い出を作りに空港へ行ってみてください!

 

 

2moonsファンへTaeくん来日のお知らせ

2moons the seriesにてForthを演じているTaeくんが、映画の撮影にて日本へいらっしゃるようです。

ついに私も半泣きですすきのを歩くメンヘラ女と化しました。

すでに飛行機とりました。行きます。

 

フライト情報はこちらです。

バンコクスワンナプーム)→東京(成田)

10月31日 22:30~11月1日 06:15

 

ということで、到着は11月1日の朝6時となります。

羽田ではなく成田(第1ターミナル到着口)ですのでお間違いなく。

成田空港がご近所の方以外はおそらく、始発でも間に合いません

お迎えに行きたい!という方は31日の夜から成田へ行き、一晩空港にて待機ということになりますので、ご注意ください。

とはいえ私もいますし、他のお仲間さんもきっとたくさんいますのでご心配なく!

一人は寂しいからなぁ・・・と迷っている方は、ぜひ勇気を出して私(@mppmei)にお声かけください!友人と一緒ですが助けに行く気まんまんです!

 

そして突然の、勝手にQ&Aコーナー。

Q.そもそも出待ちって大丈夫なの?

A.大丈夫です(絶対とは言わないけどね)

日本ではほとんどの現場で出待ち禁止ですが、タイ俳優さんの場合はむしろ喜ばれる・・・とまで言ってもいいのかな?

バンコクをはじめ各国各地の空港でファンの皆さんがお出迎えしています。

 

Q.帰りの便は?

A.まだ情報がありません。事務所のスタッフであるJaneanさんと一緒の場合は11月9日だと思われます。

※追記

成田バンコク 11月2日 17:30→11月2日 22:30

バンコク成田 11月3日 23:45→11月4日 07:45

羽田バンコク 11月9日 00:20→11月9日 05:25

出発の便は2時間前を目安に空港へ行ってくださいね。

 

ちなみにJaneanさん、11月20日~25日の間も日本にいらっしゃるみたいですが、俳優さんも一緒なのかどうかは不明です。

※追記

TaeくんもCMの撮影で日本にいらっしゃるみたいです。フライト情報はまだ出ていないので、確認でき次第更新します。

(Janeanさんのインスタグラムに渡航情報が載っています)

※フライト情報

バンコク→名古屋(中部) 11月21日 00:5511月21日 08:25

名古屋(中部)→バンコク 11月24日 10:30→11月24日 14:50

行かれる方は、TaeTeeJPFCさんへ一言ご連絡していただけると良いみたいです。

 

 

日本にもあなたのファンがいるよ、と伝える滅多にないチャンスです。

というか、日本でTaeくんに会えます

ご予定が合う方はぜひ、Taeくんを一目見に成田空港へ行ってみてはいかがでしょうか!

 

 

OSIRIS “Re:incarnation” in 札幌

 

久しぶりのペニーレーンに行ってきました。

例にもれずぼっち参戦です。友達がいません。

覚書の感想なんでとっちらかってますが、そんなもんだと思ってください・・・。

 

セトリは多分他と一緒です。

カバー曲は予想通りのGLAYで「口唇」でした。

 

さて、OSIRISのライブに行ったのは初、つまり生で彼らを見るのも初だったわけですが、最速先行で取ったのにゴミのような整番。

私ちゃんじん関連以外の運はまじでないんですね。

スタダ推してた時も運がよかったことなんて一度もありませんでした。

 

ドセンで箱の中央、まあつまりはちょうどど真ん中位から見てました。

中央の柵を取っていたのは案の定どっからどうみてもバンギャグループで、その後ろにいたのが大人しそうな2人組、そしてその更に後ろに私。

もう暴れる気で行ったので押しのけて前いっちゃって本当にすまないと思っています。

でも、バンギャに挟まれる一般人は最高に危険なので許してください。

OSIRISのファン層ってバンギャばっかかと思ってたんですが、そうでもないんですか?

最前付近は暴れてたのかな?みんなお行儀よかったのでびっくりしました。

 

初っ端からブラマスでヘドバンしてテンション最高潮・・・。

生で見る彼らはまんま写真で見てる彼らでした。

 

MCは割と素を出してる感。

それはそれでいいかなぁと思います。

その辺のレポはいくらでも出てると思うので、省略で。

ラーメン食べたいとかハンバーグ食べたいとかそういう話です。

役として出ている以上はキャラを守るべきなのかもしれないけど、ファンがそこまで厳密な芝居を求めているわけではないので、いいか。

 

 アコースティックバージョンはド変態でした。

なにゆえその表現かというと、京ちゃんのゆったりとした歌声がとにかくエロい。

ささやき声もエロい、そういうことです。

アレンジ自体はかなりかっこいいし、普段の激しいOSIRISとはまた違った魅力で、CDに収録してほしいくらいにクオリティの高いアレンジでした。

睡眠用BGM系、リラックスできる感じ、歌声はエロい。

 

ツアータイトルにもなってる「Re:incarnation」は神and神でした。

神っていうか、もはや宗教。

 

f:id:hatimitu0126:20171020013244j:plain

 

照明が全然違うから雰囲気伝わらないけど、台の上でスッと立ってる京ちゃんが神々しすぎてびっくり。

まさに神を崇める平民の気持ちでした。

OSIRISらしい激しい曲調も相まって本気で恍惚気分になれるからやっぱりOSIRISはヴィジュアル系の血を引いてるし、私もそういう文化が好きなんだなぁと思った次第です。

こればっかりはライブの生音で、目の前の京ちゃんを見てもらわないと伝わらない感覚だと思うので、興味のある方はぜひ1度ライブへ行ってみてください。

なんか、神にひれ伏す人の気持ちがわかるっていうか、あなたがすべて、みたいな・・・。

これバンギャはわかると思うんだ。きっと。

 

アンコールがABCのSPELL MAGICでyasu大好き人間無事に死亡でした。

ツアー前半と後半でアンコール曲変わったらどうしようかと思った。

本家ABCライブのエル in札幌でのアンコールもSPELL MAGICで、意味分かんないくらいぶち上がったのを思い出しました。

OSIRISのSPELL MAGICはABCよりねっとり感がない感じで良きです。

かといってあっさりしてるわけじゃなく、なんて表現していいのかわからないけどABCは直接的にドエロい感じで、OSIRISは不意に見せるエロさって感じ。

ABC曲はあの無口で純真な京ちゃんにこんな台詞言わせていいの?って思いますよね。

でも、だからこそ無意識のエロさが浮き立って良いんですねこれが。

 

だってBlackCherry歌ったってことは、あの台詞も勿論言ったんですよね?

京ちゃんなら戸惑いはしても恥ずかしがりはしなさそうだけど。笑笑

 

私はヴァンパイアも聴きたいです。

ロマンスもピストルもGreedもマリアも聴きたいです。

京ちゃんのロマンスめっちゃ良くない・・・?

彼氏になる気はないのに束縛ジェラシーはある京ちゃん最高でしょ・・・。

yasuみたいにカバーアルバム出さない?余裕で買う。

ABC抜きにしても残は聴きたかった・・・。蜜と唾もぜひお願いします。

 

そして事前にツイッターでちょっと公開されてた、レイちゃん作曲、京ちゃん作詞の新曲。

めちゃくちゃかっこいいのだけど一つだけ言わせてくれ。

レイちゃん「Bメロで折りだたみして」

京ちゃん「これOSIRIS初の煽りじゃない!?」

普通に折りだたみしにくいです。ごめん。でもするから。

 

ラストはDarknessで締め。

ラストに持ってこれる定番曲があと2、3曲はほしいなぁと思いました。

アンジュルムでいう「友よ」「スキちゃん」みたいな。(伝わらない)

 

ゲーム内のリアルバンド活動を2.5次元化して行うのってバンやろが初だと思うんですが、良い感じにバンギャとオタクの心に突き刺さってると思います。

バンドのライブを普通に楽しむ気持ちと、画面の中でしか会えない彼らがなぜか今自分の目の前にいるっていう気持ちと、両方味わえるこの企画最高です。

冒頭にも書いたけど、みんな写真まんまだった・・・。

レイちゃんのクオリティの高さとかわいさには打ちのめされました。

でも京様狂愛なので。そこは譲れません。

 

そしてOSIRIS、とにかく曲が良い。もうとりあえずそれに尽きる。

私はOSIRISの彼らを二次元の推しとしてじゃなくて、好きなバンドの一つとして捉えてるくらい曲が好き。

OSIRISに限らず、バンやろって曲が良い。

アニメソング、ゲーム内挿入歌、そういうくくりじゃなくて普通のバンドが作りそうな普通の曲が多いところがポイント高い高い。

1周年を迎えて曲数もどんどん増えて、今後がますます楽しみ。

 

札幌にもまた来てください。

タイ活に忙しいのであまり出向けませんが機会があればその前にも参戦します。

 

 

2moonsファンへ服喪期間のお知らせ

過去記事に載せるためのものです。

期間中に新しくファンになった方向けのご案内になります。

 

タイでは2017年10月13日~29日まで故プミポン前国王の葬儀を行う服喪期間です。

 

具体的には、派手なイベントなどは避ける、外出の際には黒い服の着用、などタイ国全体で前国王を偲ぶための大切な期間です。

企業や俳優さん、ファンの皆さんのSNSアイコンがモノクロになっているのもそのためです。

 

2moonsの俳優さんたちは海外でのイベントはありますが、タイ国内でのイベントはもちろんありません。

FCアカウントも最低限の情報発信のみとなります。

 

いち海外ファンの私たちにとっては馴染みも実感もないかもしれませんが、できるだけタイの皆さんの気持ちに寄り添い、ネットでの発信には十分に配慮していただきますようお願い致します。

ツイッターやインスタグラムなどでの俳優さんたちへのリプライ・タグ付け、ご本人や国内ファンの皆さんが目にしやすいものは特に思いやりを持つことを忘れず、最低限でお願い致します。

・・・思わぬ言葉で傷つけてしまうこともありますから、命に関わらない限りはそういった発信をしないのが無難な選択だと思います。

 

とはいえここは日本ですし、タイの皆さんとまったく同じように喪に服す必要はありません。

アカウントを非公開にするなどして個人間で楽しむ程度に抑えていただくのが最良だと思います。

 

死去から1年が経ち、タイの皆さんは前国王と最後のお別れとなる期間です。

その気持ちに海外ファンが水を差してしまわぬよう、どうかご協力をお願い申し上げます。

 

 

続・2moons布教についてクソ真面目に考えた

***10月27日追記

2moonsファンへTaeくん来日のお知らせ - ゴミ箱ぐらし!

 

 

 こちらの記事の続き?です。

hatimitu0126.hatenablog.com

 

まずは、各種アンケートにご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

そのアンケートを元に今後の宣伝・ファンミin日本について考えていく記事となります。おもに、どんな人に布教成功する確率が高いか?という点に重きを置いています。

それに加え、ファンミを開催した際に、積極的に参加してくれる層にアプローチしていくのも目標です。

 

何かありましたら、コメント欄よりお願い致します。ツイッター( @mppmei )のDMも開放しておりますので、そちらでも大丈夫です。

コメントは承認制になっております。私にしか見えませんし、お名前も匿名で大丈夫ですので、ご安心ください。返信が必要な場合は、私からの返答のみをこの記事のコメント欄に投稿させていただきます。

最後のフリースペースにご意見や私へのメッセージをくださった皆様も、ありがとうございました!隅から隅まで読ませていただきました!(完全私信なんですが、居住地一緒で趣味も似ててびっくりしました!って送ってくださった方、今すぐ私とお友達になってください。コメントもDMもお待ちしてます。笑)

 

・性別

言わずもがな、女性が多いですね。

 

・年齢

ツイッターでのアンケート、Googleフォームでのアンケート、どちらとも最も多い年齢層は20代前半でした。次いで10代後半、30代前半です。

10代の間はどうしても金銭的な問題や未成年という問題がありそうなため、やはり金銭的にも活動範囲的にも余裕が出来てくる20代前半の方をターゲットにしていくのがよいみたいです。

私は自分と近い方が宣伝していきやすい為、20~21歳くらいに絞っていこうかと思っています。

 

・職業

こちらに関しては、布教というよりもファンミ開催へ向けての情報収集という面の方が大きかったです。

学生より社会人のほうが金銭的心配が少ないようですので、ファンミへの参加も積極的に考えてくれそうな層へアタックするのであれば、社会人かなぁと思います。

 

・居住地

圧倒的関東!!!こちらも、布教よりファンミへ向けての質問でした。

やはり地方に住んでいる方は少しハードルが高いようですが、遠かろうが死んでも参加してやる!って方も結構いました。

私と同じ北海道の方も、一緒に新千歳から成田まで飛ぼうね~~~!(バニラエア大好きマン) 

 

・アジアBL・2moonsを知ったきっかけ

Youtubeでたまたま見つけた方や、ツイッターで見かけた方・勧められた方が多かったです。

Youtubeの急上昇ランキングにでも乗せれば宣伝になるでしょうか?単純に再生数が多いものが乗るわけではないのですが、投稿した直後の再生数が関係するのは間違いないので、公式やファンの方が投稿した動画はとりあえずワンタップしておきましょう。笑

ツイッターは、RT・検索・フォロワーさんのオススメみたいです。

大陸BLしか知らないよ~って人が周りにいたり、BL好きな方がいる場合はさりげなく宣伝を挟んでいきましょう。

 

推しカプ

Phayoが50%でした。

なんといってもドラマS1のメイン2人ですし、布教の際にはPhayoメインで、そこに少し他の2組も織り交ぜていくのが良いみたいです。

S2で実写化するであろう部分の原作を少しずつ読み進めているのですが、Forthbeamの破壊力がものすごいので、S2放送以降はもっと推しカプ割れると思います・・・。

MingkitもS1では進みきらなかったものの、Phayo同様一歩ずつ前進していて、最高にかわいいです。

とはいえ、今のところはやはりメイン2人が人気のようです。

 

・日本の実写BL

90%以上の人が見たことあるようですし、中でもたまに見る人・積極的に見る人は70%という中々に高い数値でした。

日本の実写BLを見ている人には、こんなのもあるよ~とオススメしてみるとよいかもしれませんね。

実写BLを観に行った映画館で、さりげなく隣のお友達とそれっぽい会話をしておけば宣伝になるのではないでしょうか。笑

どうせそこにいるのはみんな腐女子の仲間なのですから、シアター内ならBLの話しても大丈夫でしょう。

いっそそこで宣伝チラシ作って配布したい勢いですね・・・。

キンプリ観に行った時アメちゃん配布お姉さんいたから、その程度なら割と許される気がしないでもないです。

 

・趣味

圧倒的K-POP!!!次点はジャニーズ、ライブ参戦、観劇などなど。

私はK-POPを聴かないので、まさかこんなに多いとは思いませんでした。

K-POPが好きな方は普段から韓国語に触れていて、外国語に対するハードルが低いことも注目ポイントだと思います。

ついでに、K-POP勢はサイン会やライブに行き慣れているということもあるのか、ファンミへのフットワークもかなりの確率で軽そうです。

何より皆さんやっぱりイケメンすきですよね!?笑

お近くにK-POPが好きでBLも大丈夫な方がいる場合は、ぜひタイの子たちもオススメしてみてください。

 

・利用中のサービス

発信→ こちらは予想通りのツイッターですね。次点でインスタ。発信はしないという方も。

受信→ ツイッター、100%でした。次点でYoutube

やはり発信・受信ともに一番宣伝効果が望めるのはツイッターのようです。

何か宣伝のために動いてみたい、という方は結局ツイッターで投稿するorRTするのが良いみたいですね。

投稿の際には、ハッシュタグ#2Moonstheseries )や( #2Moonsjapan )をお忘れなく!

身内で回すのももちろんなのですが、別趣味のアカウントがある方は、たまにそちらのアカウントでもRTをしていただけると、それだけで宣伝になります。

しかし、前回の記事にも書きましたが一番効果があるのは個人にアタックすることです。興味を持っていただけそうな人には、ぜひリプで宣伝を!

 

そして、日本向けのアジアBL情報のツイートはとにかくいいねRTをお願い致します。

例えば、アジドラさんのハイロイン放送情報とか、HIStoryのニュースとか、いいねやRTをすることで、手軽に企業の方にファンがいることをお知らせすることができます。

その地道な活動が今後に繋がりますので、ツイッターで投稿はしてないけど何かできたらなぁ、という方もぜひ、ハートマークだけでもポチっと押してみてください!

関係ないけど、HIStoryのDVD発売はびっくりしました、めちゃくちゃ楽しみです。

 

・ファンミに参加しますか?

ふざけた設問で申し訳ありませんでした・・・つい・・・。

半数の方がよっぽどのことがなければ参加、残り半分の方は日程により、という感じでした。日程により、の中でもさらに半数以上の方は金銭的な問題もあるようです。

 

上記の内容とかぶるところもありますが、ざっくりとした傾向を書いていきます。

ほぼ参加確定→ 関東付近在住、20~30代、社会人。

日程による→ 同じく関東付近、10代と40代以上、職業はばらばら。

日程・金銭的余裕による→ 近畿付近在住、10~20代、学生。

 

正直、都合がついた場合も含めて、確実に集まりそうな日本ファンの人数は50人くらいだと思われます。

もちろん海外からもいらっしゃるでしょうが、この状況だと日本でのファンミは厳しいと言わざるを得ません。

 

・総括

ターゲットにしていく人物像は、20代前半の女性で、関東在住の社会人。ツイッターYoutubeをよく利用し、K-POPが好きで実写のBLも大丈夫な腐女子。という感じでしょうか。

私はK-POPがまったくわからないので、皆様のお近くのK-POPファンの方にぜひ宣伝して下さい~!

 

アンケートにご協力いただいた人数から推測しますと、日本にいる2moonsファン(彼らのSNSを追いかけたり、日本でファンミやってほしいなぁと思っているレベルの人を想定)の方は100人強、多くて200人くらいだと思われます。

今後の目標としましては、少なくともファンの数を今の倍である2~300人程度まで増やすこと。

1000人くらいまで行くと日本でのファンミも日本人だけでチケットが売り切れる状況を作り出せると思います。(もちろん会場のキャパにより変動)

 

そして、公式さんからは日程の提示までしていただいているので、あとは日本側の問題なのです。

正直、出演者へお支払いする金額の関係上、今年中に開催を決定出来なければかなり厳しい状況です。

ご協力いただけそうな企業さんへも連絡をしておりますが、現状でのファンミ開催は非常に難しいです。

現段階で開催するとなると、ファンがお金を出して、ファンの主催で行うしかありません。

 

ということで、日本でのファンミを実現するために必要なことは

知名度を上げ、ファンを増やす

日本での正式な放送

この二つがメインになります。

 

日本で彼らに会いたいのなら、とにかく知名度を上げることが最優先です。

引き続きのご協力、よろしくお願い致します。

 

 

以下、放送リクエストに関してのリンクになります。

アジアドラマチックTV | So-net

→皆様ご存知のアジドラです。メールにてリクエスト希望を出すことができます。

#Huluお願い - Twitter検索

→動画配信サイトのHuluです。ツイッターハッシュタグをつけてツイートをするだけでリクエスト希望として受け付けていただけるようです。

#dtvで見たい - Twitter検索

→動画配信サイトのdTVです。上記同様、ツイッターハッシュタグをつけてツイートをするだけです。契約している方専用のリクエストフォームがサイトにあるようなので、契約をしている方はそちらからもリクエスト可能です。

ネット動画配信サービスのビデオマーケット

→動画配信サイトのビデオマーケットです。こちらはお問い合わせフォームの項目の中にリクエストがあります。

BS-TBS ご意見・ご感想

→過去に一度タイドラマを放送しているBS-TBSです。こちらもお問い合わせフォームから、意見としてリクエストを出すことができます。

 

結局なんだったの? SUPERLOVERS 11巻

基本BLって雑誌の刊行ペースが遅くて耐えられないので、連載物は追いたくないのです。

が、SUPERLOVERSはアニメ化するずいぶん前から追っかけてます。

 

ということで、ネタバレありのちょっと感想。

 

 「SUPER LOVERS 第11巻」/ あべ美幸 

 

待ちに待った最新刊、北海道では9月4日発売だったのでさっそく買ってきました。私は雑誌を買わないので、内容はすべて初見です。

ざっくりとした内容は、10巻ラストで朝倉さんに突き落とされた晴が、17歳~25歳までの記憶を失った状態で目覚め、11巻ラスト、記憶が戻るところまでが描かれています。

 

あとがきで作者さんが「記憶喪失ネタが好きで、もっと晴に記憶喪失でいてほしい!」と書いてましたが、完全に作者さんの趣味に付き合わされた一冊だったなぁという印象でした。

担当さんからの圧でこの一冊におさまったからよかったものの、正直このまま次の巻まで引き延ばされていたら、さすがに飽きていたと思います。

零くんがとにかくかわいそうで・・・。大人な零くんは極めて冷静に、17歳の晴に接してる姿が健気すぎて、晴なにやってんの!って気持ちでいっぱいでした。

大きくなって精神的にも大人になった零くんと、零くんと出会った当初の幼い晴、同い年。

面白い題材ではあるのですが、何よりも零くんの気持ちが報われなさ過ぎて見ててつらい。

脳は覚えていなくても、体が零くんを覚えていても、それを受け入れきれないのが17歳の晴で、それがまたつらい。

作者さんはそういうのが好きなのかもしれませんが、私はただただつらいだけでした。

郁芳の優しさや双子のいい感じの適当さにだいぶ救われました。

ラストもあっさり記憶を取り戻して、まさに、え?この巻なんだったの?って感じだったのですが、担当さん、本当に止めてくれてありがとう。

次の巻に期待します。

 

ハルレンはこのあたりにしておいて、私の推しは篁先生と夏生くんなので、そっちの話を。

御曹司問題やらでなんだかんだと絡みはあったのですが、10巻で篁先生が夏生くんを思い出したのか、そうでないのか、微妙な感じで終わってますね。

11巻では、過労が原因でぶっ倒れてる篁先生の部屋になぜか夏生くんがいて、なぜか甲斐甲斐しくご飯まで作ってあげてました。

なんて微笑ましいの!

昔構ってくれてた篁先生にだいぶ懐いてる夏生くんがかわいすぎる。

きっと、なんだかんだと理由つけては篁先生のところに遊びにいってるんですよね、夏生くん。

今回の供給も2ページでしたが、私はこの2人がくっつくまで絶対にめげません。絶対に。

今のところ進歩ないですし、ハルレンがメインなのはわかってるのですが、あれだけ匂わせしておいたなら、そろそろ回収を始めてくれてもいいのでは?

偽カップルの2人がどんな感じで発展していくのか気になって仕方ないです。

夏生くんの方が先に何か仕掛けてきそうな気がしますけど、どうなんでしょうね・・・。

まずは篁先生に完全に思い出してもらうところからはじめよう、夏生くん。

 

大体どの作品も本編が気になって買うのに、気が付いたらサイドストーリーの方のカップルを好きになってるのほんとに厄介です。

 タイの子たちも結局、Mingkitが一番高まっております。

 

本編よりサイドストーリー進める癖は直しなさい。

心に響きます。