読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴミ箱ぐらし!

ベッドの横のゴミ箱の中で、ナニカに使われたティッシュの残骸と共に暮らす女のひとりごと。

舞台「ちるらん」で演出家がバズった話

タイムラインやオタクがざわざわしているので、「ちるらん」の件についての私の見解を書こうと思います。
先に言っておきますが、ひたすら批判を書きたいわけではないので、批判記事をみて共感したい方は、何いってんのコイツ・・・って気分を悪くされるかもなので、お含みおきを。
ただ、この件をひたすら批判だけしている人にこそ読んで欲しいのも事実です。
世の中矛盾でできています。

私自身は、ちるらんについても、Da-iCEについても、何一つ知りません。
この記事はファン目線の話ではないですが、演出家を擁護したいわけでもありません。
しいていえば、演劇オタク目線、といったところでしょうか。

ざっくりとこの件について説明しますと、舞台「ちるらん 新撰組鎮魂歌」(流行りの2.5次元舞台)にて、主演級の役を務めているお二方が所属しているDa-iCEというグループのメンバーが、初日に観劇に来ました(仕込みで)。
そして、舞台の途中で、観劇に来ていたメンバーをステージに上げ、ワンフレーズの歌と共にDa-iCEの新曲を踊ったとのことです。
それを客席から見ていた観客たちは、「世界観ぶち壊しじゃん!ありえない!」と怒り、演出家の岡村さんは、ツイッターにて「おもしれ〜(笑)」と一人で煽り返し、物議を醸しているというわけです。

さて、この件を批判している方は、岡村さんの他の演出作品を見たことがあるのでしょうか?
岡村さんは、つかこうへい作品を筆頭に、様々な舞台の演出を担当されています。

そうは言っても、私も生で見たのは「怪談・にせ皿屋敷」だけなんですけどね。
このにせ皿屋敷は、もちろん役者の力もあるのでしょうが、とても素敵な作品でした。
演出に違和感もなく、怪談が好きではない私でも、良い作品に出られて良かったね、陳内さん!って思えるくらい面白かったです。

ここまで記憶を辿っていて、一つ思い出したことがあります。
それは、にせ皿屋敷でも、「ちるらん」と似たような演出があったことです。
私の後ろに出演者のご兄弟(たぶん芸能活動されている方)が座っていて、舞台の途中でステージ上に引きずられていきました。
なんなら、それとは別に、一般の観客の女性もステージに上がらされていたような気がします。
今回の件と違う点は、観客側からすると、上演中の休憩パートとして、一つのシーンとして、楽しく見られたというところです。

今までの他の公演もそうだったのでは?

ということで、今回の演出も、演出家・岡村さんの常套手段なのです。
ツイッターでも、普段なら、工作員に収集を掛けるのだが・・・という感じの発言があったので、間違いないと思います。

つまり、2.5次元とそのファンをよく知らない(なんなら引き気味っぽい)岡村さんからしてみると「いつも通りの演出なのに、なんでこんな騒いでるんだ?(笑)」といった心情だったのではないでしょうか。
これまで実績がある自分の他の作品も知らず、イケメンしか見てない小娘たちにギャーギャー言われては、反論したくなる気持ちもよくわかります。

でも、ここで素直に反論してしまったのが、岡村さんの最大のミスだと思います。(いつものノリを特殊な世界観を持つ2.5次元に持ってきてしまったのもね)
きっと、心のどこかでは2.5次元とそのファンを下に見ている気持ちがあったんでしょうね。
どんなに観客の意見が気に入らなくても、今回の演出は失敗だったね、配慮が足らなくてごめんね、と一言謝っておけば、ここまで批判されることもなかったのに。
ネットに依存してる世の中でうまくやっていくには、煽り耐性が重要だって、マックス村井さんから学んでおけばよかったのに。

私が好きな配信者の方が、「女性と喧嘩した時は、どんなに相手が間違っていたとしてもとりあえず謝れ」とリスナーの男性に言っていましたが、まさにこのことだなあ、と思いました。

この一連の話で何が言いたいか?
「ちょっとひねくれてるおじちゃんの、いつもの演出だから、休憩時間だと思って気軽に見てあげて><;」って感じですかね。

もちろん、今回の件がアリかナシかでいえば、これだけ批判が出ているのですから、120%ナシです。今すぐやめるべきです。
でも、全否定するのは見てる世界が狭すぎます。
演出家はあくまで演出をつけるだけです。
その演出を昇華させて、舞台上で生きているのは、頑張っているのは、紛れもなくあなたが好きな役者たちなのです。
だから、必死に役にしがみついてる役者たちを見てあげてください。

ドラマや映画は安価で見られるのであまり実感がないかもしれませんが、お芝居というのは、高いお金を払って劇場に行っても面白くなかった時の悲しみといったら、表しようがありません。
だから、今回のように批判したくなる気持ちはわかります。
が、一部の演出が気に入らなくても、それもお芝居の醍醐味だと諦めるのです。

千秋楽まで同じ演出があるのかはわかりませんが、それでも気に入らないが、チケット取ったし行くという方、演出家の場違いなお遊びに付き合ってあげている、と超絶上から目線でいれば、きっと寛大な心を保てます。

どうか、今回の件で、役者の方々に悪影響がないことを祈っています。

2.5次元ファンのあなた、これに懲りず、普通のお芝居も観にいってみてください。

初めて同人誌というものを購入した話

私とタクミくんシリーズの出会いは、だいまおだったわけですが、映画を見て以来原作シリーズも集めています。おもに、真三洲のお話が載っている巻。

数年前、某腐女子向けサイトで、タクミくんシリーズを紹介する文を投稿しまして(シリーズモノを初見の方にオススメする、みたいな企画だったような)、それがサイトの記事になったこともありました。大好きです、タクミくん。

少し前に、ごとう先生がシリーズの同人誌「真冬の麗人」を出していたことを知り、通販では売り切れになっていたので諦めていたのですが、奇跡的にタイミングが合い、再販をゲットできました!

今通販サイトを確認したところ、売り切れになっていて、再再販は厳しそうとのことなので、今手元にあることに大感謝してます。

腐女子を名乗り始めて約8年、初めて同人誌を購入しました。

そんなの腐女子じゃないって?仕方ないじゃない、商業BLが好きなんだから。二次創作もまあ好きですが、同人誌を買うほどではなかったのです。

もちろん、商業作家の方も、オリジナル作品を同人誌で出している方がいるのは知っていました。しかし、ごとう先生以外の私が好きな作家の方は活動していなかったようで、買う機会がありませんでした。

そして、そういう腐女子の方ってほとんどいないんですよね、これが。

二次創作をメインに活動している腐女子っていっぱいいるけど、商業BL腐女子って肩身狭いですよねえ~仲間も少ないし。っていう愚痴。

 

以下、真三洲が好きな私が、ツイッターでまだ未読の友人のためにネタバレが書けないので、好き勝手に「真冬の麗人」今更ながら、ネタバレします。ギイタクには特に触れません。安定したかわいさだったので。

 

ざっくりどういうお話かといいますと、大学1年生の真行寺が足首を骨折して入院していて、急に一時退院をすることになったクリスマスの日に、三洲が(結果的に)お迎えにくるお話です。

 

原作の時から、少々複雑な家庭だった真行寺ですが、とりあえず、お母さんとは上手くいっていそうでよかった。

息子が息子なら母も母で、明るくハツラツとした印象で、ああ~兼満くんのお母さんらしいな~と謎のほっこり感。

そして、この短編の主軸にある我慢強すぎる真行寺くん。

多感な時期を両親の喧嘩を聞きながら育ち、親に迷惑をかけないように、色んなことを我慢する癖がついている(それでも困難を乗り越えられるくらい強いのだけど)真行寺を、真行寺母も三洲も心配しているようでした。

所詮は19歳だものね、まだまだ不安も精神的に未熟な部分もいっぱいあるよね。それでもかなり屈折してる上に医学生で忙しい三洲や、シングルマザーで頑張る母親に対して弱みを見せない真行寺は、やっぱりどこか三洲と似たもの同士なのかなあと思いました。

何より、このお話でびっくりしたのは、三洲新の成長っぷりです。

そもそも「風と光と月と犬」で何はどうあれやっと真行寺を恋人だと認め、本人よりも先に自分の父親に告白する始末でしたが、それがどうでしょう。

三洲の自由奔放で自分勝手な基本的スタンスは変わっていないようですが、「せっかく久しぶりに恋人に会えたのに」ってこのセリフ、真行寺の心の声じゃないよね?三洲が真行寺に向けて発した言葉だよね?って、私も真行寺と一緒にうろたえてしまいました。いや、正直に言うと変な声でた。

そこにいるのは三洲であって、私たちの知っている三洲ではなかったのです。

無事に三洲の中で真行寺は所有物から恋人に昇格し、高校生の時から大人びていた彼が真行寺にだけ見せていた子どもだった部分が2年でうまく成長しているなあ、とびっくりしました。

もっとも、天下無敵の屈折率ですから、わざとそんなことを言って真行寺をからかっている気持ちもあるのでしょうが、明らかに、からかい方が飼い犬じゃなくて恋人に向けてるんですよね。

初めて真行寺の腕に抱かれた時から、存外悪くないかも、なんて思いつつ、真行寺への気持ちを自分に対しても真行寺に対してもうやむやにしてきた彼が、こんなに自分ではなく真行寺のことを考えられる大人になったんだと、(この短編では)同い年ながら、1人で感動の嵐でした。

ついでに、三洲のちょっと嫉妬深いところは健在で、良きでした。

 

ごとう先生、真三洲難民に素敵な素敵な供給をありがとうございました。

おおや先生、挿絵見てアホほど気持ちが発狂しました(?)

お話の中での三洲くんの変化が、おおや先生が描かれた三洲くんの表情からもろに伝わってきて、ああ~~~色々あったけど結ばれるべくして結ばれた幸せに満ちたこの表情最高だよ~~~~ああ~~~~(略)と、絵を見ただけで昇天しそうでした。

 

真三洲が存在するこの時代、日本に生まれてよかったと思う午前4時でした。

 

風俗デビューした話

あ、童貞捨てたんじゃなくて、サービスする側として。

18歳になり、1人暮らしを始めた時から、いつかやるんじゃないかと自分を疑っていました。ついに手を出しました。

 

この仕事を始めてから思ったことは、「自分、向いてるかも・・・」ってことです。

今までバイトもやってきましたが、どの仕事よりもしっくりきてるような気がします。

正直、学生時代は忙しさを理由に就活を疎かにしてしまったわけで(本当に、家事やる気力もないくらい忙しかったんだよ!)、現在こうなっているのに、真面目に就職している友達や先輩を見て、私はそっち側の人間にはなれないと思ってしまうのです。

分厚い資料を手にして研修つらいとか、さっそく残業とか、10時間労働とか、入社数日でやめたいとか、そんなことを言っているのを見て、働きたいと思うんですか・・・?みんな、それでも自分のお仕事を生活の為にがんばっているのは承知の上です。

新卒求人、既卒求人、派遣、契約社員・・・いろいろ探しました。ただ、どの求人を見ても、自分がそこに面接に行き、働いている姿が想像できませんでした。

だからといって、なぜ風俗?と思うかもしれません。

そもそも、私AVもゲイビもエロ漫画も平気で見られるし、会う男ほとんどにフェラ褒められるし(お世辞でそういうこと言うの?っていうのがここ数年の疑問)、何よりお給料が良いし、進むべき道はここしかないんじゃないか?って。

 

働き始める前までは、年上のオジサマたちを相手にするとか私にはムリ!って思ってました。でも、実際に働いてみるとそうでもなかったのがまた面白いです。

お金がもらえるから吹っ切れる説が今のところ有力なんですけどね。

 

もし、この記事を読んでいるあなたが風俗店で働こうか迷っているのであれば、思い切って体験入店に行ってみてはいかがでしょうか。

もちろん、性病にかかるリスクはかなり高くなるし、普通の女の子よりは体力があると自負している私でも、1日動きまくるイベントスタッフよりも疲れたし、親や友人には絶対に言えません。(同業の友達や、信頼してる子は別ですが)将来が不安なのも事実です。

まさにハイリスクハイリターン。

あと、働く前に心配してたことは、私はお世辞にもカワイイと言われる部類の人間ではないし、軽度のデブだし、売りになるのは乳くらいなもんです。

そんな奴でもお客様には多分喜んでいただけていると思うので、きっと働くことを考えるような子であれば大丈夫です。

 

私以外の風俗店で働いている全国の女性達がどんな気持ちなのか知ったこっちゃないですが、私はお部屋で待機しながら、(これは天職かもしれぬ~~~)とアホなことを考えていました。

新人というレッテルがなくなったとき、私がどうなっているかはわかりませんが、しばらくはがんばってみようと思います。

 

 

官能的なBLの話

つまりは、わりとなんでも許せる人向けの変態チックでエロイやつ。

 

1作品目

この俺が、アヘ声なんて出すわけがない!!」/ 鬼嶋兵伍

過激派エロ(?)でおなじみのピアスより出ている短編漫画作品です。

表題作の攻めはベテラン声優のおじさま、受けは調子に乗っている若手声優のお兄ちゃんです。

気が強くて俺様で女遊びも派手そうな男が受けてる作品が大好きなので、個人的に最近一番ヒットした作品でした。

声優さんという職業を最大に生かし(←ここが重要!)、俺様な受けがオジサマのテクニックに落ちていく樣がとてもよかったです。

短編ということで他の読み切り作品や作者さんのフェチ講座などもあり、一味違う1冊でした。

 

2作品目

グルメのふくらみ」/ 赤星ジェイク 

こちらも漫画です。

攻めは社長令息の金髪お兄さん、受けはカロリーを摂取すると股間が大きくなり、勃起してしまうという悩みを抱えたサラリーマンのお兄さんです。

この作品のいいところは、一見普通のサラリーマンのお兄さんが性的な悩みを抱えているところにあると思います。

カロリーの高いものを食べると、ところかまわず勃起してしまうというトンデモ設定なド変態お兄さんが、1冊丸々イケメンのテクニックで乱れまくった上で、どのように”体質改善”に向かうのか、最後まで楽しく読めた作品でした。

 

3作品目

秘蜜」/ いとう由貴

こちらは新書版の小説になります。

表紙にいる硬派なメガネのお兄さん、軽そうな風貌のお兄さん。この二人が攻めで、受けは、ごく普通のサラリーマンのお兄さんです。

そうです、3Pモノです。

物語は、平平凡凡なサラリーマンがイケメン二人に電車内で痴漢をされるところから始まります。

そこから攻め二人のテクニックに、体は溺れていくのに心がついていかない、他人にけがされる恥ずかしさにも、体が反応してしまう・・・そんな受けの葛藤と数々の変態プレイが詰まった1冊です。

こちらはいわゆるジャケ買いといいますか、表紙に惹かれて購入したのですが、朝南かつみ先生がイラストを担当している貴重な作品でもあります。

ぜひ、電子書籍ではなくあなた自身のお手にとって、朝南先生のイラストを体感してほしいです。

 

以上、ド変態なBL作品の紹介でした。決して性癖暴露の記事ではありません。

我らが田村芽実が「グランギニョル」に出演する話

ちょっぴり(?)遅く起きた4月1日午後1時。

自宅のトイレへ向かいながら、私は何気なく手元のスマホツイッターアプリを開いていました。

リア垢、ゲーム垢、取引垢などは公式アプリ、本垢はびよーんを使うことで誤爆を避けているので、私がその時見ていたのはリア垢の方です。

普段は大学生たちのゲームや日常のツイートがあふれているわけですが、その日は荒れ狂ったようにナベプロのアカウントのRTで埋め尽くされていました。

(あ、グランギニョルの出演者発表されたんだ!大久保でんじゃん)

そう思いながらスクロールしてた私は、田村芽実の名前を見つけて、自分の目を疑い、トイレで絶叫しました・・・。

 

そんなわけで、我らが歌姫・田村芽実が、繭期の世界に戻ってきました!

TRUMPシリーズをご存じない方は、こちらをどうぞ。

 

【ネタバレなし】舞台「TRUMP」の世界 - NAVER まとめ https://matome.naver.jp/odai/2143713856064358801

 

思えば、私と田村芽実を引き合わせたのも、このTRUMPシリーズです。

末満さんがTRUMPを生み出し、D2メンバー全力で挑み、LILIUMを書き、ハロプロメンバーが歌とダンスで魅了してくれたおかげで、私の好きな芸能人ツートップが出来上がったのです。

そんな作品に、めいめいが再び出演すること、喜ばしいなんて言葉じゃ伝わらないくらいうれしいです。天にも昇る気持ちです。

演劇女子部の末満作品には、めいめいは3作品出演していて、スマイルファンタジーを上演していたせいか、末満さんとスマイレージの繋がりは、他のグループよりも強いような気がしていました。

そんな中、末満さんとアップフロントがあまりうまくいっていないというような話もありましたが、劇団田村へは末満さんがショートストーリーを書きおろしていました。

LILIUMの中では、めいめいは唯一舞台上に1人で1曲を歌いきるシーンがあるメンバーで、スタッフ陣からのめいめいへの評価はすごく高いものだったのだと思います。

そうして、アンジュルムを卒業し、舞台女優を目指すめいめいに声をかけ、再びTRUMPシリーズへの出演を打診した末満さん。

本当に感謝しかありません。ありがとうございます。

 

そもそもTRUMPシリーズというだけで、誰が出演しようと観劇に行くのは当たり前な永遠の繭期な私ですが、めいめいが出ると知って何万倍も楽しみな気持ちが増殖しました。

他のキャストはというと、注目はやっぱり染谷と三浦かな。

あの厳格なダリ・デリコを染谷が演じるっていうのは、TRUMP見てる身からするとちょっと違和感があったりなかったりなのだけど、映画「ゲバルト」で見た染谷は良かったから、とても期待できる。

そして、きっとアンジェリコ様のパパであろうゲルハルトを演じるりょんりょんは、高貴で傲慢で美しいフラ家のイメージぴったりだなあという印象。こちらもどんなキャラクターになるのか期待。

そして、例の山浦氏が重めの黒髪パーマになりました。もしかして、こちらも要チェックでしょうか?笑

何にせよ、TRUMPシリーズにまた爆弾が投下されるのは間違いないので、真夏の東京に耐えられる体力づくりをしたいと思います。

各ファンクラブに所属中のみなさん、チケット予約をお忘れなく。

以上、TRUMPのサントラをBGMにお送りしました。

 

不倫女の自慢話

つい先週まで放送されていたドラマ「東京タラレバ娘」ご存知ですか?

私はツイッターでこの作品に出会い、東京遠征中のマンガ喫茶で原作漫画を読んだのは良い思い出です。

まるで10年後の私を見ているようで、今の私を見ているようで、苦しいと同時にすごく共感できたのもまた事実です。

主人公の3人組は、すてきな結婚相手を探して、婚活してみたり、身近な先輩と付き合ってみたり、元彼のセカンド女やってたり、既婚者と不倫してたり。

 

みなさんの周りにもいませんか?

彼氏、彼女ができた途端にツーショット写真や匂わせメッセージばかりをSNSに投稿する人。セフレ関係や不倫関係になったことを「ホント無理」と言いながら語りつくしている人。

基本的に、SNSは自分の好きなように使う場なので別にいいのだけど、どうも節々から、みんなにこんな不幸な自分を知って欲しいという気持ちが見え隠れしていて、

また悲劇のヒロインかよ!!!!と、私は思ってしまうわけです。

更に、それを愚痴アカウントではなく本アカウントでわざわざ投稿している人は最高にイタい。

不倫やセフレは世間的に良い関係ではないことを誰もがわかっている上で、悪いことをしている自分が可愛くてみんなに悪いことしてる自慢したいんですよね!?万引きしてる中学生ヤンキーかよ!?

そんな自慢されても、「じゃあやめたら?」としか思えないのですが、私は性格が悪いんですかね・・・。女心としては、「そっか~、大変なんだね」って言ってあげるのがいいのはわかる。

ただ、不倫女やセカンド女の結末は、本命になれずに別れるだけの運命なんです。一生土曜日の女なんです。日曜日の女にはなれないんです。(参考文献:シド)

不幸自慢、悲劇のヒロインぶりたいだけの為に不倫、セフレ関係になって、自慢したがゆえにこうやって、正直ウザイ、と思われているのって、何にも得にならないのに。

本気で悩んでいて、本気でなんとかしたいと思っているなら相談に乗るけど、本気で悩んでないよね?

現実を知って、本気で好きで、お互い承知の上で覚悟もあって、訴えられても傷ついてもいいって言うんだったら勝手にしろって思います。私がしったこっちゃないし。

でも、本気で好きでもないしただ友達に自慢したいだけの関係なら、今すぐやめてください。

不倫・セフレ自慢に限らず、悲劇のヒロインの相手はもう疲れました!

 

地味に泣けるBLの話を読んでくれている方がいたみたいでうれしいです。

ひたすらにオススメのBL本語る記事とか書こうかな笑笑

 

ジルベールという少年の話

少年愛、BL作品の金字塔と語られている「風と木の詩」のアニメ作品を見ました。

 

現在ハタチの私が腐女子になったのは小学6年生くらいのときで、その頃から作品名は知っていましたが、マンガもアニメも見たことがなく、今回初めて内容を知りました。

この作品が連載されていたのも、話題になっていたのも、すべて私が生まれる前の話で、周りにもこの作品の名前を知っている人はいても、実際に読んでいる人はいないと思います。

実際、同年代の腐女子友達との間で、話題になったことはほとんどありません。

 

なぜ見てみようと思ったのかというと、とても有名な作品で、内容くらいはざっくり知っておいてもいいかな、と思ったからです。

そんな軽い気持ちで見始め、最初はスマホ片手にBGM程度に見ていたのですが、10分後には画面に釘付けでした。

不特定多数に体を許す、闇を抱えた少年、ジルベールの美しさに圧倒されました。そしてそんなジルベールを救おうとする、これまた闇を抱えた少年、セルジュも純粋な少年らしさ全開でかわいい。

お互いに正反対の性格で、でも惹かれあっていく様が美しすぎてつらい。

とにかく、ジルベールが可憐すぎて、綺麗すぎて、私の少年好きがエスカレートしそうでした。(なんか犯罪くさい書き方ですが、2次元の少年が好きです!)

私の貧困な国語力では、この気持ちをどう日本語で表現すればいいのかわかりません。

見てる最中の心の声をそのまま綴るとすれば、「なにこれ!かわいい!むり!え、美しすぎる。神。むり。ジルベール尊い。」といった感じです。気持ち悪いです。

 

見終わった後、思わず展開が気になって結末を読んでしまいましたが、原作も買ってみようと思います。

そして、どこかのブログで読んだのですが、「ジルベール」という名前は、むかし美少年の代名詞だったそうですが、どういうことなんでしょうか。映画とかドラマとかで美少年のジルベールくんがいたとか?

ネットの海にはなにもヒントがないので、気になります・・・。

 

私が好きな少女漫画は「ここはグリーンウッド」なのですが、もう一つ好きな作品が増えた気がします。